実家便

実家の母から時々荷物が届く。お菓子だったり、服だったり、食器だったり。

それはご褒美のようで、いくつになってもうれしいものだ。

最近送ってきてくれたのが、この水筒。何十年前のだ?よく取ってたよなあ。

でもこのレトロさがなんともたまらない。
f0131120_14343499.jpg



この前海へ出かけたときに持っていったら重宝した。子供の頃はなんかやぼったくて

イヤだったような気がする。もうちっとシャープな感じのが売ってるだろ!だの

キャラクターもんが欲しい!だのと文句を言っていたような…。

今見ると、これがいい味だしてるねえ。底の部分のたたずまいもいいねえ。
f0131120_1435543.jpg


今月は運動会がふたつあるので、これが大活躍してくれるだろう。サンキュ!ママ。

それから少し前に、荷物に混じって、こんなのもが…。
f0131120_14352820.jpg


キューピーちゃんに、なぜかしらタグをつけて、そこに

「よろしく、おばあちゃんです。」って、書いてある。果たしてこの意味するところはなんなのか。

当の母に聞いても、「そんなん入ってたあ?」

まさかこのかわいいキューピーちゃんが自分だとでも言いたいのか?

「だからこれをみんなでかわいがってね」ってことなのか?

はたまた、「この荷物を送ったのは、誰あろうおばあちゃんですよ。

そこんとこよろしくね」ってことなのか、家族で随分議論したもんだ。

時々、理解に苦しむことをする母は、私たちから見れば心配な時もあり、

とくに近くに住む弟は随分振り回されているようだ。しかし、うちの子供たちからは

絶大な人気を得ている愉快なおばあちゃんだ。

次に何が送られてくるのか楽しみだ。



今PCに向かっていたら、遠くからかすかに音楽が聞こえてきた。

その音がだんだん近付いてきて…

(ん?あのメロディーは…♪てんてんてんまりてんてまり~♪)

「わ~今日は生ゴミの収集の日だ~」と、あわててゴミ袋提げて表へ飛び出すと…

目の前をロン毛のイケメン兄ちゃんが全速力で走って行く。(わーちょっと待って!)と

叫びたいのだが、声が出ない。そこへ収集車がゆっくり近付いてきたので、

「あの~これ~」と言うと、「後ろにほうりこんで!!」と運転席のおじさん。

「えっ私が?えっいいんですか?」 「そうそう、急いで!」

自分で放り込んでいいなんて。私はうれしくってたまらなくって、「じゃ、失礼して」と

大急ぎで車の後ろにまわって、おもいっきり袋を投げ入れた。袋は見事にその中に入り、ゆっくり

ローラーでつぶされて中に消えていった。 いやあ、気持ちよかったあ!

こんなことなら、いつもギリギリまでゴミ出さずにいようかな。イケメン兄ちゃんも見れるし、

自分で入れられるしなあ。ハイ、不謹慎な発言でごめんなさい。

  
[PR]

by morinotomosibi07 | 2009-05-21 14:47 | 家族みんなのこと  

<< I blieve 新型インフル >>