呼吸法

誰の陰謀か知らないが、今年は子供たちの夏休みが長い。

さすがのミーコも「なんかピンとこんわあ~」だとさ。

しかしながら、ミーコは合唱のコンクール、レイは吹奏楽のコンクールを

月末に控え、今朝は二人ともいつもどおりの登校。

普段と変わらぬ日常だが、なんとなく、焦る…

そう、子供たちはそれぞれに計画もあり、忙しそうなのだが、

やはりそこはそれ、こっちとしても何かしら盛り上げてやらないと。

なんせ、夏休みなんだから…と思うと、焦る。

海だ~山田~あっちがうか、山だ~!と毎年の事ながら、子供たちの

期待は膨らむのに対して、こっちはお財布と体力が気になり、戦々恐々。

だったりしたのだが、今年は今のところ、肉体改造に励んでいるせいか、

体力は少々のことなら大丈夫そうだ。

毎日、ウォーキングを15分間を4回、ストレッチと筋トレを45分。フラフープを10分。

今のところ、体重は2キロ減だが、それ以上に体が軽く、疲れにくくなった気がする。

これに加え、呼吸法を取り入れることにした。

腹式呼吸が大事だということは以前から知ってはいるけど、なかなか普段意識しようと

思っても難しい。せいぜい、ストレッチをするときに大きく息をするくらいだ。

どちらかというと、普段は浅い呼吸、しかも何かに集中しようとするときは息を

止めがちだ。冗談のようだが「あっ息しなくちゃ」と思ったりする。

だから、なるべく深く息をしようと心がけてはいるが、すればするほど、

胸のあたりがつかえて、「呼吸、呼吸、深く、深く」と焦れば焦るほど、かえって苦しくなる。

それが昨日見つけた本、「深い呼吸で気持ちいい体をつくる」

これを読んであらためて呼吸の大切さを実感した。

しかも、この本のモデルさんの美しさといったら、あなた。

若さとか顔かたちとかじゃなく、その健康そうな体。

無駄を取り除き、酸素を隅々まで取り入れた、引き締まったかつ柔軟なそのボディは

まさにため息ものだ。

「よし、これだ!」とミーハーな私がとびつかないわけがないっしょ。

このなかの「呼吸体操」というのは、別に難しいわけではない。ストレッチみたいなものだ。

そしてこのときは呼吸は深くできるのだが、やはり普段日常生活のなかで深い呼吸をする

というのは、難しい。意識してがんばろう!とは思うのだが。

そこで、この本にも書いてるとおり、初心者は自分がリラックスしているときに意識して

始めるのがいい、というので、ためしにお風呂でやってみた。

私の場合、あつ~いお風呂に入るときが一番リラックスするので、このときに

今までのように「腹式呼吸!深く、深く!」と無理やり意識しないで、

気持ちを楽にして、自然に深く呼吸するようにしてみた。

すると、だんだんに胸のあたりのつかえがとれて、やわらかく深い呼吸ができた。

「ん?これか!」てな感じだ。いつも深く息をすると、みぞおちのあたりが硬くなって

苦しくなるのだが、これがバリバリっと破れたような感じがして、それからは

呼吸が楽になった。キッチンに立っているとき、パソコンに向かって

いるときなどは、つい集中して息が浅くなったり、止めたりしてしまうが、

手を休めて、深い呼吸をするように心がけると、実際それができるようになった。

すると、気持ちがリフレッシュするし、なにより疲れ方やストレスの感じ方が

軽くなった気がする。

そして、思い描くは、あのモデルさんの美しいボディだ。

さあ、これで暑い夏を元気いっぱい乗り切ろう!
[PR]

by morinotomosibi07 | 2009-07-18 11:02 | 自分のこと  

<< マイケルよ、ふたたび テクテク♪ >>