地球に優しく

本日2回目の投稿なり。

テクテクと職場まで徒歩で通勤するようになって、もう何日かな。

職場の若い人から最初の頃は

「車どうかしたんですか?」なんて聞かれたりしたけれど、

最近は「わー今日も歩きですか?」と感心される。そう、これがやたらと感心される。

若い女の子からは、「わーほんとに歩いてきてるんですかあ?すご~い!」

なんて、黄色い声援があがる。

シルバーセンターのおじさまは、いつも「おっ!がんばりよんなあ。エライ!」と

声をかけてくれる。おじさま方は暑い中、草刈りや庭木の剪定など、黙々と奮闘されてて

そんな方から「エライ!」なんて言われると、恐縮するけど、めっちゃうれしい。

子供たちは「ダイエットやろ。無理と思うけどなあ」とか

「なんで歩くの?」と聞かれたから、「それはね、エコよ、エコ!車は使わないの!

地球に優しいでしょ」と言うと、「ほー!地球に優しく、自分に厳しく!」と素晴らしい標語

みたいな答えが返ってきた。

昨日スーパーで会った友達から、「あなたの家の前通ったら車があったから、

家寄ったんやけど、おらんかったん?」と聞かれた。

「いやあ、最近歩いて通勤しよんけん。地球に優しく、自分に厳しくよ!」

と言ったら、「えらいや~ん!」  「でも…」と言って、私のおなかを軽くつまんで

「もうちょっと自分に厳しくせんと~」と言われた。まっ確かにね。まだまだ甘いわな。

でもうれしいことが…。

朝方、たまらぬ暑さに布団を蹴飛ばして、むき出しの足をダンナの方に投げ出したら

その足をどかそうとしたダンナが「あれっ?なんか足が引き締まってきたか?」

と言った。

あまりのうれしさに何回も「ほんとに?ほんとに?」と聞いた。

うちのダンナはお世辞は言わないので、たぶんちっとばかしは効果が出始めたのかも。

こうしてみんなに褒めてもらえるので、当分は地球に優しく出来そうだ。
[PR]

by morinotomosibi07 | 2009-08-06 20:44 | 自分のこと  

<< いわゆるDIY? 体のお手入れ >>