山が呼んでる

肉体改造宣言を高らかに発してから、はや二ヶ月。
今のところ体重は4キロ減となった。やるな、わたし。
テクテクと通勤途中にふと思った。これは一ヶ月2キロ減のペースだな。
このままでいくと、クリスマスのころには、さらに8キロ減ってことか。
ヨシ、いいぞ!わたし!
その先は?このまま2キロづつ減っていくとすると、どうなるん?
夢の40キロ台を通り越して、30キロ台へ。え~っ。その先は20キロ台?
小学校低学年並やん。ウソやん。

そんな妄想にかられながら、テクテク歩いている。
最近は急な坂道を登っても以前ほど息切れもしなくなった。すれ違う人に普通に
「こんにちわ!」と笑顔で言えるようになった。

でも、できれば車がビュンビュン行きかう道じゃなく、大自然の中を歩きたいものだ。
そこでハッとした。山だ。山が呼んでいるような気がする。

由布岳だ。一度目は仕事で子供たちと登った。「登る意味がわからんし。
だって、登ってもまた降りるんやろ。なんのために登るん?」とブツブツ言いながら
登ったあの山だ。でも、私の前を黙々とただひたすらに登っていく4歳の女の子の背中を見ながら
「いかん、いかん。大人として恥ずかしい」と自分を奮い立たせたあの山だ。
泣く泣く頂上まで登ったあの山だ。
二度目も仕事で子供たちと登った。私は病み上がりということもあり、最初から頂上は目指さない、
軽い気持ちの登山だ。ほんのちょびっと登って下山して、裾野の草原でねっころがりながら
仰ぎ見たあの山だ。

登ってみようかと思う。今ならきっと楽しいかも。
しかし、問題は装備だ。いや、安全面とかとう意味ではなく、いわゆる形だ。
もちろん、安全面が一番大事なのはわかっているが、
なんでも形から入りがちな私としては、そのいでたちが大いに気になるのだ。
この前もストレッチするとき用にヨガマットが欲しいと言ったら、三女ユリ氏に
「そんな無駄遣いはせん!」と言われた。まあね、古いシーツとか、バスタオルでもいいけどね。
なんかこう、意気込みみたいなものがね、欲しいときがあったりするわけよ。
いずれにしても、なにかしらの装備は整えなくては。
ダンナは絶対一緒に行ってはくれないし、子供のなかでは末っ子ミーコぐらいか。お供してくれるのは。
友だちにも「山登ろう!」とはいいにくいしな。
幸い、小さい頃、何かといえばお父様に山登りに連れていかれた、という職場の同僚がいる。
そういえば、この前の由布岳もささーっと頂上まで登っていってたな。今年の夏も最後に
九住山に登ると言っていた。
ここはひとつ、彼女に教えを乞いながら、登ってみるか。ヤッホー!!
[PR]

by morinotomosibi07 | 2009-08-24 21:01 | 自分のこと  

<< コンサートの夜 花火 >>