登山

9月って、こんなに慌ただしかったかあ?と思うくらい、いろんなことがあって
気付けば10月じゃないか。
ちなみに、シルバーウィークとやらのしょっぱなは、登山をした。
みたびの由布岳登山だ。今回はやりました。頂上まで一気に!といいたいところだけど、
どうにかこうにか登ったど~
仕事で子供たちと一緒だったので、弱音を吐くわけにもいかず、それがかえって
よかったのか。
今回は調理場の期待の新人、若いお姉さんと終始行動を供にした。彼女は小さい頃から
家族で登山をしてきたということで、余裕の足取り。私も肉体改造計画が功を奏してか、
なんとかついていけた。
一番きついところに差し掛かったところで、男子高校生たちのトップ集団に追いついた。
高校生たちは、どうやらしりとりをしながら、苦しさを紛らわしている模様。
S君の元気な声が聞こえてくる。「食べ物のしりとりな!」
S君何を思ったか、いきなりの「プリン!」 「はい、終わり~」
気を取り直してY君が「りんご!」と言うと、S君が「ゴリラ!」 「え~食べ物のしりとりやろ~」
すると、S君が「なあなあ、ゴリラって食べられるでなあ」と聞いてきた。
「まあね、食べられんこともないけど…」と私が言うと、「そりゃダメやろ~」といっせいに
ブーイング。
「じゃあ、ラからでいいから、S君もう一回」
そこでまたもやS君、相当考えた挙句「ラーメン!」 やってもた~
しかし、ただではへこまないS君、「の具!」と付け足しやがった。
そんなこんなで彼らのおかげで大笑いしつつ、キツイところもなんなく通過。
頂上が見えたときは、うれしかった。正直言って、途中「なんのために登るんだ?」
って思ったもの。「無理かも…」とも思った。
辿り着いた山のてっぺんからから見た景色は絶景。
本来なら「ヤッホー」と叫ぶところ、私は「人間ってすごい。不可能を可能にする」
などという言葉を叫んでいた。相変わらず、たいそうな奴だ。
お弁当は、手作りの特製爆弾おにぎりだ。朝、5時から60人分作った。
これがなんともおいしかったこと。みんなもおいしそうにほおばっている。
少し休憩したら、もう下山。最初に登ったときは、下りのほうがきつかったことを思いだした。
でも、これも肉体改造のおかげか、案外スイスイと下りれた。
ただし調子に乗って、スピード上げたら、一回足を滑らせて、しりもちをついて、思いっきり
尾てい骨を岩に打ち付けた。いまだに鈍い痛みが残っている。
こういうときに歳を感じる。足を滑らせたことは理解できるが、次に何が起きるのか想像できない。
なので、何かにつかまることもできず、手をつくこともできず、子供のように両足を前に
投げ出すようにして、お尻から着地。しばし呆然とする。そして、周りから必要以上に
心配される。ただ滑って転んだだけなのに。
後ろから来た若いお兄さんと同僚の若いお姉さんが「だ、大丈夫ですか?」と言って、
手を差し伸べてくれた。あまりの恥ずかしさに「いやあ、お尻がふたつにわれちゃったあ」
と、使い古されたギャグでごまかした。
次の日は、お尻はもちろんのこと、全身が筋肉痛。でも、嬉しい痛みだ。
そして、体重がまた1キロ減。合計で8キロ減。一ヶ月2キロ減のペースは順調にいっている。
由布岳さん、ありがとう。
[PR]

by morinotomosibi07 | 2009-10-01 16:22 | 自分のこと  

<< 金婚式 あいかわらずダンス >>