やはりダンスネタ

元来、一度にあれもこれも出来ない性質なので、いま頭の中はやはり
ダンスのことでいっぱい。
先日の日曜は二回目の通し稽古。いよいよあの超ハデハデの衣装に袖を通した。
私たちは、ジャズ・ファーストというクラスで30代から60代までのダンスの経験が
ほとんどない人たちのクラス。しかし、このクラスができてから、今回が二度目の発表会。
かれこれ、3年くらいにはなるのだろうか。私は途中抜けたりしたし、その間新しいメンバーも
加わっている。
今回の発表会には、「パンキッシュ」の曲のほうには、中学生のハルちゃんと
先生のアシスタントをしている方が2名、助っ人として参加してくれることになっている。
衣装は、30代のメンバーとハルちゃんは、ピンク系。アシスタントの方と
わたしたちオバサマ組はブルー系だ。
前回の通し稽古が終わってから、ブルー系の方は先生から衣装が地味だとの
ダメ出しがあったので、今回思い切って超ラメラメにした。先生から「よくなったわ~」と
お褒めいただいたのはいいが、いざ、みんなで衣装を合わせてみたら、
これがまあ、とんでもなく派手。
鏡に写る姿を直視するのに、ものすごい勇気がいったわな。
同じ楽屋の小学生の女の子たちが口をポカーンと開けていた。
「もしかして、ミーコのおかあさん?」と側にやってきたのは、ミーコの同級生のまほちゃんだ。
ものすごい疑惑のまなざしで私を見上げている。
「まほちゃん、そんな怯えた目でみないでね~そうよ、おばちゃんよ~まほちゃんも出るのね」

もう一度鏡を見てみると、う~ん、なんかのイメージに似ている。
そうだ、アレだ。

ピンクレディー。

UFOだ。

そうか。ピンクレディーになったつもりで踊ればいいんだ。それなら自信あるし。

と、いい歳こいて、ピンクレディーもないだろうけど、かつてのピンクレディーだって
もはやいい歳じゃないか。(といってもむこうは今でも立派にプロですが)
なんか、とっても吹っ切れた感じがして、この日のダンスは楽しく踊れた。
しかし、調子に乗って、スイスイ踊っていたら、振りを一個飛ばして、一人でクルクル
回ってしまった。キャー!!と口を押さえて立ち止まってしまって、後で先生が
「いやあ、あそこは笑えたわあ~間違えてもいいけど、
わざわざ私間違えました!っていわんばっかりのリアクションはしないでね」と
怒るのを通り越して、大笑いされてしまった。

「見学してた子供たちが、今日は青組さんの勝ちやな!って言ってたよ」
と先生から報告があり、衣装はどうやらブルー系の方に軍配があがった。

火曜日のレッスンでも、曲がかかると、妙にウキウキしてしまって、ここにきて
ようやく楽しく踊れるようになってきた。
あとは本番まで、体調整えて、がんばらなくちゃ。
[PR]

by morinotomosibi07 | 2009-10-23 12:03 | 自分のこと  

<< お別れです いい女 >>