お別れです

長い間のご無沙汰でした。どうにか無事ダンスの発表会も終わり、ほっとしているところです。

さて、わたくしめのつたない書き散らしのブログに長い間お付き合いくださいまして
ありがとうございました。
ようやく自分の心の整理がついたところで、いったん閉じようかなと、思っている次第です。

小さい頃から、どこか突拍子もないところがあって、泣き虫なくせに頑固、人が右と言えば、
左と言いたくなる変わり者、臆病なくせに目立ちたがり屋、空想好きで計画性がない。
そして自立心旺盛なくせにいつもだれかしらに依存している。

そんなふうだから、どうやって生きていけばいいのかわからなかった。
愛する人に巡り合い、たくさんの子供を授かって、これが幸せだとこれが自分の生きる道だと
信じて、必死で生きてきたけれど、なぜかそれに抗うもう一人の私がいた。
たくさんの人に囲まれているけれど、いつもどこか淋しかった。
いい妻、いい母、いい人でいるために、自分の心に重い蓋をして、何かを閉じ込めた。
あふれ出しそうになるものを必死で閉じ込めた。そのことが怖くて、側にいるだれかを
抱きしめて、無理に笑った。
そうやってがんばってるから、生きる意味があったんだと思った。ほんとの私は
誰からも愛される価値のない人間だと思っていた。
そして、ほんとの私に戻ってしまったほんの数年の間、私は取り返しのつかないことを
してしまったのだから。
そのことをこれからも背負っていかなければならないのだけど、
私はもう一度、ほんとの私からスタートして、ほんとの幸せを見つけたいと思う。
揺ぎ無い愛情と絆で結ばれた人のことを信じて、残りの人生を生きていこうと思う。

こんな私でもこんなふうに生きているということを確認したかったから、
これまでいろんなことを書いてきた。だれかに宛てて書くというより、ほんとは
自分に向かって書いていた。私はこんなふうに生きているということを。
生きている意味がありますように、と日々の出来事を思い返して書いてきた。
少々ドラマチックなことがあった時は、書くことがことのほか意味のあることのようで
その意味でうれしかった。
悲しいことが多いときは、不幸だということがばれないかとヒヤヒヤしながら、
それでも悲劇の主人公のつもりで書けばそれはそれで満足だった。
自分の心の整理にもそれらは必要なことだったから、続けてきたけれど
たぶんもうその必要のないくらい、整理ができそうなので、
このへんでそんな自分とお別れしようと思います。
いったん、お別れしないとスタートできない気がするので。
長い間こんな私に付き合ってくださった皆様には、心から感謝申し上げます。
皆様から支えていただいたことは一生忘れません。
いつかまたお会いできたらうれしいです。
そのときは、ほんとの私がほんとに生きて、単純にうれしかったり、悲しかったり、
腹が立ったりしたことをエッセイのようにサラサラと書けるようになっていられたら、
いいなと思います。それが誰かしらの心にポンと届いて、笑ったり、そうそう、と
頷いたりしながら読んでもらえるようになれたらいいなと思います。

生きていくということは難しいことですね。
でも、私は今、初めて生きているなあ、と感じています。
重い蓋をはずすのは怖かったけれど、あふれだしたものは恐ろしいことだったけれど
それでようやく自分と向きあうことができたのだから、よかったのだと思います。

とりとめのない自己満足な話で申し訳ありませんが、こういうわけで
このブログを閉じさせていただくことにしました。
ほんとに長い間ありがとうございました。
[PR]

by morinotomosibi07 | 2009-11-28 20:55 | 自分のこと  

やはりダンスネタ >>