今日の教訓

ほっとする瞬間。どんな時ですか。

湯船に身体沈めた時。熱い日本茶をすする時。

小さい子供をぎゅーと抱きしめた時。

探していたものが見つかった時。

夕暮れにキャンドル灯した時。

好きな音楽を聴くとき。紅茶をおいしく入れられた時。

子供が「ただいまー」って帰ってきた時。

でも、なぜか私、お風呂から上がって、新しいパンツはいた時、

無性にほっとする。守られてるような気がする。(なにから?)

洗濯物たたむのをみんなでサボって、カゴに盛り上がってるなかから、

自分のパンツを探して、見つかった時は、もっとほっとする。

逆になかなか見つからない時、裸で荒野にほうりだされたような

ものすごい恐怖に襲われる。(なら、ちゃんとたためよ)

なにが言いたいのかわかりませんが、ほっとする瞬間と恐怖の瞬間って

いうのは、なんだか紙一重のようなそんな気がして。

毎晩、その繰り返し。

っていうのも、実は、阪神大震災を経験したからかな。

地震のニュースを見るたびに、胸が痛んで

どうか、一人の命も無くなりませんように、と願うばかり。

小さくてもいいから、ほっとする瞬間がずーっと繰り返されますように

と願うばかりです。


だから、今日も一日の終わりにいろんなことに感謝して、

ほっとして、眠りにつこう。

その前に、洗濯物たたむかな。
f0131120_20275690.jpg

[PR]

by morinotomosibi07 | 2007-04-06 20:33 | 自分のこと  

<< 大好きZUCCHI 自然にはかなわないけれど >>