ちょとだけよー

近くのCAFEでやってる布作家さんの作品展に行ってきた。

娘たちもわーわー、しゃあしいこと。

「どれどれ、エプロンは?」 いやあ、かわいかった。

あの方には、きっと似合いそうだけど、私には似合いそうにないや。

そこで、目にとまったポーチ、いい感じのサイズ。

なんとも優しい色あわせ。「わっ、これにしよ」

バッグのなかで、いつもキラーンと光る「携帯電話」

便利だけど、なんかしっくりこない。

「これ入れてみよう」 「わっ、ぴったり。しかも出しやすい」


バッグをあけると、ちらっと見えるこのポーチ。

おばあちゃんが昔こんなの持ってた感があって、ほっとする。

この「ちらっ」がたまりませんねえ。(そこのおいさん。ニヤニヤしない!)

例えば、いつも、ものすごく厳しい人で、なかなか本音トークできない人が

たまに、こっちのペースにはまって、ちらっとかわいい部分を見せた時。

こういうとき、たまりませんねえ。この人のこと、好きでいようと思えて。

例えば、すごくステキなおうちの庭がちらっと見えた時。

幸せを一瞬おすそ分けしてもらったみたいで。

例えば、車ですれちがった時に、友達がニコっと笑って、手を振るのが、

ちらっと見えた時。(私はそんな余裕ないんだけど)

手を振ってもらうのって、とってもいい気分。たとえ、選挙カーでも。


ちらっと見えるキャンドルがかわいい「favのグラスキャンドル」

たまりませんねえ。

f0131120_13412661.jpg

[PR]

by morinotomosibi07 | 2007-04-17 13:44 | 自分のこと  

<< 意外なこと ブランコ大好き >>