サムライスピリット

f0131120_22345264.jpg
今日は、私のことをいつもそっと見守ってくれてるお友達が

職場の方を二人連れて、遊びにきてくれた。

やっぱ、さすがだわ。すーっと、前から知り合いのように、

お話できる雰囲気をつくってくれて。あなたは、ただ、ニコニコと

笑ってるだけ。私の仕事ぶり、きっとハラハラしただろうけど、

ちょっと首をかしげて、笑ってるだけ。

「それでいいよ。あなたらしくて」って、きっとそう言ってくれると思ってた。

最後は、大盛り上がりで、今度4人でコンパすることになりました。


私の留守に、みえて、プレゼントとお手紙を置いていってくださった方。

もしかして、わたしたち、両想い?おんなどうしだから、大丈夫よね。

まるで、小さな子供が宝物入れのなかから、自分の大好きなもの

とりだして、「これ、あげる!」って感じのおくりもの。

その小さなひとつひとつが、あなたの心のかけらのようで、

ドキドキした。こんな私にくれるの?ありがとね。


ほんとはね、ほんとは、ここだけの話。

いつも戦いを挑んでるような生き方がほんとは好き。

いつ死んでも悔いはないと思ってきた。でも、もうちょっと

長生きしてみようかなって思える今日このごろ。

優しい人たちがあまりに多くて、その人たちもキズをいっぱい

抱えて生きてるんだって、思えるから、先に死んじゃあ悪かろう。

でもね、キズをなめあうのは、キライだから、チャンバラごっこでいいから、

いっしょに「エイ!ヤー!」って、感じで生きていこう。

サムライスピリット。昨日からピッタリくる言葉。

こわいものなんて、ないぞー。


キャンドルナイトの夜は、いろんなものから、解き放たれて、

のんびり、お茶を飲みながら、JAZZを聞きませんか。

今日も予約がはいり、お席はほんとにあとわずかです。
[PR]

by morinotomosibi07 | 2007-04-21 22:36 | 友達のこと  

<< 天空の店、もりのともしび 男前やなあ >>