花咲く乙女

今週は、晴天がつづくそうで、五月晴れですか。気持ちのいいこと。

次女エリさんの大学はGWもなんのその、ずっと休みなし。

ひとり張り切って登校しておりました。

思えば、中学、高校と不登校気味。「私の青春って?」と自問自答の日々。

それが、いまは、ものすごいファッションに身を包み、トーストをかじりながら、

「お昼食べるのって、4時ごろなの」といいながら、おにぎりをふたつ、みっつ

作って、かばんにおしこみ、笑顔で「行ってきまあす!!」

帰るなり、「ちょっと、聞いて~」と身振り手振りで、学校の話題。

そしてパソコンに向かい、英語の課題を延々と。

これが、あのエリさんかと、一同、しばし見とれる。

個性が強くて、まわりとうまくあわせられず、かといって、自分も出し切れず、

悶々とした日々。そこから、必死で抜け出し、いま世界中から集まった、

個性的な学生さんに囲まれ、思いっ切り、自分をアピール。

ものすごいファッションもそこでは、先生から、「ワンダフル!」と絶賛され、

世界中の学生さんからも「あなた、おしゃれさんね。」と褒められ、

本人、うれしい反面、ネタ切れ状態に悩む日々。

英語もちょっとづつ、上達するのでしょう。たまに、日本語がカタコトみたいに

なってます。

一方、かわいい助っ人のサリーちゃん。ちょっとした挫折を味わい、

ただいま、リハビリ中。

真面目すぎて、一途すぎて、息が抜けない彼女は、

いまようやく、イケメンの彼氏もでき、我が家の超ネアカな四女の

言動にお腹の底から笑い、やっと自信をとりもどしつつある。

「なにもできなくて、申し訳ない」と」いいながら、

お店番のほかに、わが家の膨大な洗濯と夕飯作りをこなしてくれている。

その真面目さと神経のこまやかさは、わが家にとって、ほんとに必要です。


あなたたちの笑い声を聞くと、いまは一番ほっとする。

個性があることは魅力的なこと。

その個性は、みんなのなかにいてこそ、輝くもの。ひとりぼっちじゃ、

単なる変わり者。だから、時にぶつかりあったり、孤立したりすることを

恐れず、なにより、まわりの人を信じて、精一杯自分をアピールしてほしい。

若い二人の乙女に、心から、エールを送ります。

きれいな花を咲かせて、幸せをつかむんだぞ!

そして、人を幸せにするんだぞ!!


花の香りもかぐわしいキャンドル、テール・ドックの新シリーズが

入荷しました。人気商品で在庫の確保が難しく、やっと入荷したキャンドルも

一つは売れてしまい、いま、「アイリス」の香りのキャンドルが残っております。

お早めにどうぞ!!

f0131120_1272738.jpg

[PR]

by morinotomosibi07 | 2007-05-09 12:08 | 次女エリのこと  

<< 母親は大変です ウソも方便 >>