GOD BLESS THE CHILD

雨、雨、雨。気にしないと思っても、やっぱ梅雨なんだ。

朝、なんとか岳の頂上付近に遠慮がちに見えた水色の空。

薄いあじさいのような色だった。すーっと心が晴れていくのがわかった。

暗闇でもいつかすーっと光が見えてくるよって言った、ちーちゃんの

こと思い出した。

三女、ここんとこ元気。大きな夢に向かって、歩き出した。

そう、歩き出すことが大事だと、結果ばかり期待するおろかな私は

同じ過ちを繰り返さないように、その一歩一歩を支えていければ

いいなと思っている。

GOD BLESS THE CHILD

神は、自分で稼ぐ子どもを祝福する。ビリー・ホリディがこの歌を

自分の生い立ちと重ねて歌っているのを聞いたとき、

そんな親がどこにいるの?と思ったけど、

野球を始めれば、この子は大リーガーで年収?億。

かわいい、かわいいと言われれば、この子はアイドルになって

親を楽させてくれる。カリスマ美容師になって、めちゃくちゃ稼ぐ。

って、ここにいたわ、そんな親。

毎日のありふれた生活のなかで、笑ったり、泣いたり、怒ったり、

間違ったり、傷付けたり、許したり、そして愛したりしながら、

歩いていくその一歩、一歩がほんとに大切なんだと

まだ全然途中だけど、子ども6人育ててみて気付いた。

結果を気にせず、自分を信じて、大きな何かに向かっていく

その勇気をいっしょに祝福しよう。

未来のある子どもだから、祝福しよう。すべての子どもたちを祝福しよう。

ビリーの切ない声は、絶望と悲しみだけでなく、怒りと勇気ある彼女の

叫び声に聞こえて、決して真似して歌えないけど、時々歌詞をつぶやいてみる。

GOD  BLESS THE  CHILD
[PR]

by morinotomosibi07 | 2007-06-20 09:50 | 三女ユリのこと  

<< 歌にあふれたキャンドルナイト 地球温暖化 >>