HAPPY BIRTHDAY

今朝起きたら、テーブルの上に大きなバラの花束。

あー、ついに、王子様が迎えに来たのね!って……そんなわけがない。

次女エリさんが誕生日プレゼントにと、バイト先の方からいただいたのだそう。

ここのところ、エリさん、いろんな人から誕生日を祝っていただいている様子。

そして、まだこれからもその予定が入ってるよう。

それって、単にみんな集まって騒ぎたいだけか?って、嫉妬心丸出しで横目で

にらんでしまう母親って、珍しいですか?

しかし、祝ってもらえるということは、みんなに愛されているということで、

てことは、「おかあさん、よくぞ産んでくれました」って、きっとみんな

さぞかし私に感謝してるってことだろうから、いやそうに違いないから、

私も祝ってもらう権利があるんだ。だから、私もバラを抱えて、「ありがとうー」

って言っていいんでな。

だって、エリさん産むのは大変だった。流産するかもしれないと言われ、

落ち込んだ日々。妹のお産を見て、自分が長女を産んだ時とはえらい違うと

恥ずかしくなり、呼吸法を勉強した日々。

一生懸命産んだのに、あまりの迫力ある赤ちゃんぶりに、母が

「あんたが産んだん?」と後ずさりし、顔を見るたび、「わっこわっ」とつぶやく

のを聞いた日々。(無理もない。なんせ髪の毛がすでに肩まで届いていたし、首はないし、

まるで、石仏のようだった。本人の了解がとれれば、写真をUPしてお見せしたい)

幼稚園までは元気いっぱいの迫力ある子だったのに、その後はちょっと

身も心も病弱で、倒れそうにヨロヨロと歩いていた。

幼稚園までにエネルギーの大半を使ってしまったと思われる。

でも、大学に入ってから、再び元気を取り戻し、幼稚園のころのように、

外でめいっぱい活動的に動いている。

「私ね、最近特技みつけた」と得意そうに言うので、みんなで「なになに?」と聞くと

「あのね、ねこっかぶり!!」 ( なんですか?それ) ご飯がノドにつまりそうになった。

「私、ねこっかぶり超うまいんで!」 さらにつまりそうになった。

いやいや、それは、自分の感情をうまくコントロールできるようになったって

ことでしょ。ねこっかぶりする人を嫌ってたあなたは、ほんとはそういうふうに

できる人をうらやましく思ってたはず。自分がニコニコしたり、優しくしたりすることで

回りの人がいい気持ちになるのなら、思いっきりねこっかぶりすればいい。

誕生日をたくさんの人に祝ってもらえるほど、愛される人になったあなたは、

いつもニコニコしている優しい人に、だんだんなってるんじゃないのかな。

一人でいる時は、落ち込んだり悩んだり、泣いたりするけど、

だれかが一緒にいてくれると、ニコニコしていられたり優しくなれたりするのは、

一緒にいてくれるその人のおかげじゃないのかな。

今日もいろんなところで、ニコニコして、特技のねこっかぶり披露して下さい。

f0131120_1035681.jpg

[PR]

by morinotomosibi07 | 2007-07-06 10:03 | 次女エリのこと  

<< 願い事 出会いと別れ >>