もりのともしびはこうして生まれた

約一年前のある朝、だんなが「おい、今朝、神がおりたぞ。ろうそくだ。ろうそく」

悪い夢でも見たのだろうと思い、だんなの方を見ると、

こりゃ、やばい。なにかひらめいた時の顔だ。

眉間にしわがよってはいるものの、いたずらっこのようなギラギラした

目に、口元には不敵な笑い。まじでヤバイです。

期待と不安でいっぱいの顔をして、私は次の言葉を待った。

「神のお告げなんだよ。ろうそく屋をやれって」

ちょっとお聞きしますが、あなたは常日ごろ「俺は神だ」って言ってませんでしたか。

じゃ、神のあなたに、他の神が降りたのですね。ふ~ん。へ~え。

「この家を建てた時、家に名前をつけただろう。ほらほら、ここに

書いてある。もりのともしび。」 たしかに。そう、木でできたこのまるで生き物の

ようなこの家に名前をつけた。ネームプレートもある。

「きのおうち もりのともしび」 グッデイでネームプレートのキットを

買ってきて、わたしがつくった。だから、その名前がどうした。

「だから、ともしびって言えば、あかりだろ。あかりと言えば、ろうそく。

さすが、神様はいいとこついたねえ」

あのー、もう一回聞きますが、ほんとに神様が言ったんですか。

「よし、ろうそく屋だ。いやキャンドルだな。キャンドル専門店」

去年の3月、突然だんなが仕事をリタイアし、再就職のあてなど

あるはずもなく、とりあえず、インターネットで中古のアナログのジャズレコードや

家具や雑貨のオークションをやっていた。これが安くて状態がいいと評判で

売り上げは良かったが、利益はそれほど上がらなかった。

この先、どうしようかと思っていたところに、ふってわいた、キャンドル。

いや、降りてきたのか、キャンドル。

話を聞くうちに、私もなんだか、これいいかもしれないという気持ちに

だんだんなってきた。以前から、うちに遊びにやってくる人たちに

「お店みたいな家」と言われていたせいもあり、そっか、ここで

やればいいのかと。長女も協力してくれることになり、さあ、大変。

なぜかしら、開店の日を10月20日と決めたもんだから、時間がない。

だんなは「俺の言う事は神の言う事だから、従うように」と

あれをしろこれをしろと言うばかり。あのね、人間はね、なんでも完璧に

できないんです。しかも、私はフルタイムで本職があるんです。長女にも。

いま思い出すと、頭がクラクラして倒れそうになるけど、神のお告げなので、

家族みんなで協力して、開店に向けて走り出した。

                                 つ・づ・く
[PR]

by morinotomosibi07 | 2007-10-12 12:48 | もりとものこと  

<< オープンしたはいいが… ご無沙汰です。 >>