一件落着

つ・づ・き

結局、だれかがずーっとお店にいなくてはいけないということに

気付き、家族会議の結果、長女が仕事をやめて、お店をすることに。

長女は、東京の美容系の短大を卒業後、念願の美容師になった。

小学校6年生の頃には、もう美容師になるんだと心に決めていた。

3歳でふわふわパーマをかけたのが、そもそものきっかけなのか、

髪型にはうるさかった。パーマのかかり具合がいまいちだとクレームを

つけ、次の日もう一度美容院に出かけたり、髪型が決まらないと、

なにもかもおしまいって顔をして、鏡の前で悪戦苦闘の登校前の時間。

髪型ばっちり決めて、ランドセル背負っていくってのもなんか妙な気がしたけど。

中学生の頃から、見よう見まねで、家族の髪をカットしてくれてくれるように

なったので、私はもう十年位、美容院には行ってないし、

三女以下は一度も美容院に行ったことがない。

一度は東京の美容院で働きはじめたものの、心身ともに病み、

本人は心残りがあっただろうけど、こちらに呼び戻し、リハビリの日々。

焦りや、いらだちや後悔のなかで、父親と衝突したり、私と反発しあったり。

美容師になりたいというのと同じ位、小さい頃から人前で何かをしたいと

いう夢があり、いつも両方の間で揺れていた長女。

私達の願いは、一歩一歩着実に地道に歩いて、大人になってほしいと

いうこと。だから、美容師として修行を重ね、一人前になってほしかった。

そんな話し合いを何回も何回も重ねながら、途中長女が逃げ出しても

叱り、励まし、見守った。ようやく、自分が納得いくヘアメイクの仕事が

みつかり、元気に働きだしたところだっただけに、仕事をやめてほしいと

言うのは辛かったし、情けなかった。

でも、長女はうちの事情を理解し、いままでの分、恩返しをすると言って、

お店の仕事を引き受けてくれた。これで、ほんとにスタートできると

ほっとしたのもつかの間、とんでもない提案をする奴が現れた。

                                       つ・づ・く
[PR]

by morinotomosibi07 | 2007-10-25 20:38 | もりとものこと  

<< また、走り出した いらっしゃいませ!! >>