また、走り出した

つ・づ・き

とんでもない提案とは……。思いついてしまったのです。

12月にイベントをやろうと。やっと開店にこぎつけて、みんな息も絶え絶え。

そこへもってきて、イベントをやるだと。提案したやつはだれだ。

私だよー。だってさ、ほら、思いついてしまったからには、やるしかないっしょ。

って、いいだしっぺがなんでそんなふうに、投げやり的な言い方なんだ?

そう、あれは、この家が完成した時に、建築士さんがお祝いにとサプライズな贈り物。

生のフルートの演奏。いやー感動したね。そのあと、巨大なお鍋でおでんパーティーも

楽しかったなあ。そのことがフッと頭をよぎっちまって。ここでお客様といっしょに

そういうことができたらいいなあと。

この提案は、猛反対にあうかと思いきや、すんなり「いいねえ」となり、

キャンドルナイトとクリスマスをかねたイベントをやろうじゃないかと

いうことになった次第です。

しかし、お客さんが来てくれないとイベントの呼びかけもむなしいわけで、

もっと宣伝しないといけないということになり、雑誌やテレビでお店を宣伝

してもらうことにした。

これは長女が果敢にアタックして、まずは雑誌の取材が来た。

この雑誌の反響はすごかった。お客さんの数がグーンと増えた。

次にテレビの取材が。ある番組は長女が一人で出演して、いい感じの映像

だった。しかし、別の番組の録画の時、予想もしない出来事が。

                               つ・づ・く
[PR]

by morinotomosibi07 | 2007-11-01 20:54 | もりとものこと  

<< またもや事件の予感 一件落着 >>