放映のつづきの話&大好きなはーちゃんの登場

つ・づ・き

放映が終わったとたん、電話が。

「お久しぶり~。ちょっとー、見たわよー。けいちゃん、大きくなって…」

心なしか、涙声で電話かけてきてくれたのは、中学の時の野球部の

先輩のおかあさん。やっぱ、見ましたか。

「いやあ、背ばっか伸びてねえ」

「あんなに小さかったのにねえ。びっくりしたわあ」

「なになに。ピッチャーしてるんだって?しかもエース?」

「いや、それはそのピッチャーしかできないので。それはよくご存知のはずで」

「楽しみやわあ。応援するからね。」

「あ、ありがとうございます。」

「ところで、キャンドルのお店始めたの?」

ようやく、本題に。それみたことか。どっちの宣伝なんだ。

また、違う電話が。

「ちょっとー。お店の宣伝より、息子の宣伝の方が長いやんか。笑ったわあ。」

そう、おっしゃるとおり。えらい長かった。けいさんのコーナー。

監督喜んでくれただろうか。そういえば、もうすぐ野球部の保護者の集まりが

あるはず。保護者の方がたくさん見えるはず。どうか、だれも番組

見てませんように。

(後日、不安的中)

「見たわよー。けいちゃん、テレビ出ちゃって。もう、あらかじめ言ってよー。

あわてて、録画したんだから。」

親もしてないのに、どうもお世話になります。

「そうそう、見た見た。エースって、言ってた。こうなったら、甲子園

連れていってもらわなくっちゃ。」

無理ですっ。

そんなこんなで、無事放映も終わり、おかげさまで、「テレビ見ました~」

と言って、来店してくださるお客様が増え、シーズンということもあって

12月はあわただしく過ぎていきました。

話はもとに戻りますが、開店してからいろんな出来事やいろんな出会いが

ありました。あれは、開店して間もない頃、一人のお客様が見えました。

イベントにキャンドルを使いたいということで、

うちのチラシを作ってくださった会社の方からの紹介ということでした。

これが「はーちゃん」との出会いでした。

ここだけの話、初めてはーちゃんを見たとき、背中のあたりがゾクっとして、

なにやらただならぬものを感じたのでした。

不思議なことがいっぱいのはーちゃんは、今から思えば、そう、一体どこから

来たのか。私には、私には、ここだけの話、江戸時代から、タイムスリップ

してきたんだと思えるのです。それか、月からやってきたのかもしれない。

どっちにしても、いつも遠くを見るような目と、いつも突然現れるはーちゃんの

言い知れぬ魅力に、私はどんどん惹かれていきました。

不思議なことのひとつに…
[PR]

by morinotomosibi07 | 2007-11-30 13:29 | もりとものこと  

<< 不思議なはーちゃん あなたは… >>