紫陽花

紫陽花の花が美しい。パッとしない天気のなか、紫陽花は見事に咲き乱れ

うっとおしい気持ちを少しやわらげてくれる。

以前は、(雨の日に咲くのが果たして花か?)とやや冷たい目線を送っていた感が

あったけど、最近その美しさにしばし目を奪われる。

職場の庭のあちこちに咲いている紫陽花を切っては持ち帰り、

部屋にかざり、「またあ?」と娘たちにあきれられてる。

だって、きれいなんだもん。

民家の垣根ごしからこぼれるように咲いている紫陽花を見ると

(どうぞ)と言ってるように見えて、あやうく切って持って帰ろうと

してしまう。そしてその種類の多さにおどろく。

しらなんだ~。ていうか、(紫陽花が好き)っていうと、

(私は心変わりの早い人間です)って告白してるようで

好きだけど好きって言えずに知らんふりしてたのかも。

でも、今はもともと紫の花が大好きなこともあって、

嫌な梅雨時に綺麗に咲いてくれる紫陽花が

別にどうでもいいことだけど、(好きです)って言っておきたい。

ついでに(紫陽花)って書く、この字も大好き。

今度生まれ変わったら、名前をこの字にしてほしい。

すると、あだなは(アジちゃん)とかちょっとひねって(関アジ)とか

もっとひねって(サバちゃん)とかになるか‥。それでもいい。

名札に大きく「紫陽花」って書いて歩いてみたい。この際名字はなしで。

きっとかっこいいにちがいない。

さあ、また職場からいっぱいかっさらってくるかな。
[PR]

by morinotomosibi07 | 2008-06-30 14:52 | 自分のこと  

<< 自分らしさ 生まれ変わるということ >>