今日も大満足

立秋もとうに過ぎたのに、残暑とはいいがたい陽気は一体いつまでつづくのやら…

大好きな秋が待ち遠しいけど、ここ最近は日本にもう秋はなくなったのかと

思いたくなるほど暑い日が続き、世界に誇る四季の美しさはどこへやら…


と嘆いていても仕方ないので、(さあ、やるか!)となぜかしらムクムクと料理が

したくなり、お盆の後半は料理好きの四女レイをそそのかして、cooking。

まずはおととい、暑いさなか、お味噌汁じゃ食欲わかないしと、冷たいじゃがいもの

スープ、ビシソワーズとやらに挑戦。簡単なわりにそこそこボリュウム感やら

ぜいたく感やら、なによりけだるい体にしみわたって元気がでてきて、大成功。

レイといっしょに作ったバナナケーキもいい具合。

家族の評判もすこぶるよくて、みんなで「おいしい、おいしい」と念仏のように

唱えながら賞味した。この評判に味をしめ、大見得を切って、「今度はなんの

スープがいいかしらん?」とたずねると、ダンナが即座に「もも!」

「わかりました。おまかせ下さい」と次の日さっそく作った。

が、評判はいまいち。ヨーグルトの量が多すぎたのか、肝心の桃の風味が…

でも、やたら厚みのあるスパニッシュオムレツや薄切り肉のロール串焼き、

イタリア風トマトサラダはおいしくできたので、よしとしてもらった。

今晩は、レイが春巻きを作ってくれたので、私はかに玉風トマト入りスクランブル

エッグとココアのスポンジケーキを焼いた。

いろんな用事に追われるなか、料理ばかりに時間を割くわけにはいかないし、

予算も限られている中、色々工夫しながら一生懸命料理をしたときの充実感と

家族で食卓を囲むときの幸福感と食べ終えた後の満足感は、

今日一日なにかしらがんばったことのご褒美のようで

後はおいしいお茶を入れて、安心して眠りにつこうと思える。そして明日また

がんばろうと、たいそうな決意ではなく、軽めの気合いで充分なほど、なんとなく

優しく柔らかな気持ちになれる。

まだまだ波乱万丈なわが家。いくどとなくピンチに襲われる只中ではあるけど、

貧しくとも心を豊かにおおらかに、家族で力を合わせればなんとかなるか、と

みんなの笑顔を見ながら心に刻む。

明日もみんなが喜ぶ料理をつくろう。
[PR]

by morinotomosibi07 | 2008-08-17 21:27 | 料理のこと  

<< パパとママへ 末っ子みーこの熱い夏 >>