19のケイさん

時は9月。確実に秋に向かってはいるけど、昼間はまだ蒸し暑いし、

ミーコなんかは、今日はプールの日だと言ってはりきって登校。

「プールってあんたウソやろ」 「ほんとで。だって暑いから気持ちいいんで」

中途半端でもったいぶった感じの9月が腑に落ちない。ダンナに言うと

「9月は過ぎた夏を振り返って、ああ、あんなこともあったなあ、となんかこう切なく

なるやろが」 (なんか切なくなるようなことがあったんかい)

そう言えば先月両親が来ていたときに、東京のケイさんに電話したら、「おれ、成人式がある

から正月には帰る」と言っていた。私も「あっそう」と言って母に換わると、母にも同じことを

言うケイさん。しばらくして母が「来年成人式なのはエリちゃんやろ?」

えーっ!そうや。そうや。ケイさんはその次やないかい。どうやらケイさん勘違いしている

模様。これまた即刻ダンナに言うと、「いいか。正月帰るっていうんやからそのままにしとけ。

あいつスーツ着て会場行って初めて(アレッ?)って思うやろ。(一つ上の人がたくさんおるなあ

って。もしかして、オレのために来てくれたのか?)ぐらい思うかしれん。おもしろいから

絶対だれも勘違いしてること言うなよ」と釘をさされた。

「まあ、ケイさんらしいよね。ったく。」って言ったけど、母に「あんたも電話で聞いたやろ?

その時気付かへんかったん?(あっそう)とか言うてたで。それにこの前エリちゃんの振袖は

どうしようとかって電話してきたやんか」と鋭く指摘された。

そんな会話をしたのはひとつき前の暑い暑い夏の日だった。

「SEPTEMBER」という歌は結構多いけど、断片的にしか歌詞を思い出せなくて

やっぱり中途半端な月だけど、今日は勘違いなケイさんのBIRTHDAY。

それだけで充分な9月。

「今日ケイさん誕生日よ」とダンナに言うと「そうか。なんか送ってやらんとなあ」

って言うので「いやいやもう送ったやんか。」

ケイさんは間違いなく私たち2人の子供だと確信した。 
[PR]

by morinotomosibi07 | 2008-09-05 10:25 | 長男ケイさんのこと  

<< あなたに褒められたくて ヒジキごはん >>