おとめ座

今日は午前中、エリさんと図書館へ行った。その道すがら、前から行きたかった

雑貨やさんへ。そのお店は、大分市内へ出かける時は必ず通る道沿いなのに

全く気付かなかった。potのみわさんも紹介してたし、職場の若い女の子にも

「かわいいお店ができたんですよ~行かれました?」と言われ詳しく場所を説明して

もらったにも関わらず、今日も一度通り過ごしてしまった。

「いらっしゃいませ」と出迎えてくれたのは、こういうお店では珍しく男性の方。

しかもちょっとエキゾチックな顔立ちの男前。しばらくして奥から赤ちゃんを抱っこした

女性の方が出てこられて、これまた目鼻立ちのはっきりしたべっぴんさん。

お店は通りに面した入り口のドアが開け放たれていて、かわいい雑貨たちが「おいで~」

と言ってるように並んでる。昔からの建物を利用した店舗は古い物の良さを感じさせて

くれるたたずまいで、エリと2人して天井ばかり眺めてしまった。

古い町並みが残るこのあたりは、古き良き時代の日本の姿と同時に、こういう雑貨屋さん

ができたことで、なんとなくアジアのどこかの国を思い起こさせる雰囲気も同時に

ある気がした。それはエキゾチックな顔立ちの若いお2人の影響もあるのかな。

そこで、目にとまったのが小さいノート。ページが上下に分かれていて、

料理のレシピを書くのにピッタリだと思って買って帰った。それにあわせて、

えんぴつとケシゴムも。これで、「ちょっと~鉛筆かして~」だの「あー間違えた。

けしごむ~」といちいち叫ばなくていい。MYえんぴつとMYケシゴムは大人な感じの

しかもオランダ製ときた。

他にもステキな家具や雑貨がたくさんあった。

その後大分へ車飛ばしながら(ああ、またや) ケイさんがいなくなってから、

この街には友達と過ごした私の知らないケイさんの思い出があちこちにあるんだろうな

と思うたび、胸がつまる思いがしてイヤになる。そして、ケイさんに会いたいと思った。

スピカ。おとめ座の星のもと生まれたケイさんに会いたいと思った。


f0131120_174899.jpg
[PR]

by morinotomosibi07 | 2008-09-05 17:13 | 好きなお店のこと  

<< 焼きリンゴでよろしいかしら あなたに褒められたくて >>