決戦の火、水曜日

給料二日前。いよいよ決戦の時。冷蔵庫の残りもの総ざらえ的料理の登場だ。

キャベツと豚肉の重ね蒸し。きれいな段々になるには、何もかもが少なすぎた。

奇跡のように6個残っていたトマトのまるごとサラダ。

トマトをくりぬいた中身とジャガイモとチーズのオーブン焼き。6人で分けるには、あまりに

少なすぎた。こんなときは、せめてデザートをゴージャスにと、思い切って買ったチーズと

フルーツ。

今夜の食卓は、心なしか活気がなかった。正直者者のダンナが黙々と食べている姿が

全てを物語っている。ユリとレイの帰りが遅く、4人でのスタートだったせいもあるけど。

2人が帰ってからは、文化祭や部活の話題でいつものように賑やかな食事になった。

さあ、決戦はあと一日。

f0131120_19584772.jpg
[PR]

by morinotomosibi07 | 2008-09-09 20:00 | 料理のこと  

<< 秋の夜長 食の記憶 >>