まずは一服

お給料前の壮絶な戦いは終わりを告げた。昨日の最後の夕飯に登場したのは、

二種類の春巻き。ひとつは、ついに冷凍庫から取り出したいつぞやの「ふくさ煮」の具。

これを巻いてみた。もうひとつは、卵サラダの春巻き。豆腐のハンバーグに金平ごぼうにワカメ

と卵の味噌汁。

残り物再利用とはつゆ知らず、みんなはおいしそうに食べてくれて、私はひとり

勝利に酔いしれた。

そして、昨日は三女ユリ氏の高校の文化祭。エリさんと連れ立って見学に。

ユリ氏はファッションショーに出演するらしく、(どげなもんか)と2人して興味深々。

開始時刻まで30分ほどあったので、「茶道部のお茶会覗いてみよう」ってことになった。

浴衣姿の生徒さんが大勢で出迎えてくれて、やや緊張。軽い気持ちで来たのに、

本格的なしつらえと所作に緊張が高まる。しかも、とんぼTVのカメラも来てて、

「写させていただきます」  お床の説明を長々聞いたあと、お菓子が運ばれてきた。

「お菓子をどうぞ」と言われたが、私の左横にズラリと並んだ生徒さんはダレも手をつけない。

「たしか、先に食べていいんでな」と右隣のエリさんに小声で聞いても、「さあ?」

そのエリさんのところへお茶が運ばれてきた。(おっエリさん、茶碗を手にしたぞ)

(おっやけにぐるぐる回した。回しすぎやろ。しかも、その柄のところは、はずして口に

せんと。なんでわざわざそこから飲もうと思った?)

私もよくわからないまま、一服いただいた。(さて、お菓子はどうする?)

そこへ、とても綺麗な先生がやってきて、「お菓子はお持ち帰りになりますか?」 

「はあ…」

「あのー。」と先生に尋ねてみた。「お菓子は先に食べるものなんですよね」 「ええ、そうです

ね。甘いものの後の方がお茶がおいしくいただけますから」

「はあ、そういうことですか。いやあ、どなたも口にされないもんですから」 と言うと先生が生

徒さんの方を見て、「あら~あなたたち、どうして食べてないの?食べないつもり?えっ?」

と大声でお叱りになった。

お菓子を丁寧にラッピングしてもらっていると、ファッションショー開始ぎりぎりとなり、

エリとあたふたとお茶会を後にした。ファッションショーのことはまたこの次に。
f0131120_21154293.jpg
ラッピングする先生のきれいな手さばきをご覧あれ
[PR]

by morinotomosibi07 | 2008-09-11 21:16 | 三女ユリのこと  

<< ウソ~ 秋の夜長 >>