アメリカン・ドリーム

テレビの中の「サマンサ」の家の大きな大きな冷蔵庫やフカフカのベッドや

「ポパイ」の中に出てくる大きなハンバーガーに、胸をときめかせた幼い頃。

ちっともおいしいとは思わなかったけど、かっこつけて飲んだコカ・コーラ。

それらしく発音を真似て歌ったカーペンターズ。体中を突き動かす強烈なリズムの

ソウルミュージック。欲しいものはなんでも持っていたこの国を憧れと畏敬の念で

見つめていた。アメリカ。

いまやそれらのものが当たり前に日本にもあふれ、アメリカは遠いものではなくなった。

むしろアメリカが近くなったと感じるのは、強いものだけがのしあがる日本もそういう国だから?

「この国を変えてみせます」と叫んだオバマ次期大統領。

まさか、黒人の大統領が誕生するなどと結果が出るまで本当に信じる人が何人いただろう。

夢や希望を持ち続けることが自分自身やたくさんの人のためになるということを

身をもって示してくれた今回の選挙。これこそがアメリカンドリームなのだろうか。

繁栄の裏にたくさんの犠牲と悲劇を人々に強いてきたこの国が、どんなふうに変わるのか、

もはや憧れだけではすまされないこの国の影響力を考えると、オバマ氏の信念を

ゆるぎないものと信じたい。

そして、なんでも真似してきた日本だから、この国にもそんな人が早く現れないものかと

期待する。

単なるおぼっちゃまじゃない人を。
[PR]

by morinotomosibi07 | 2008-11-06 13:50 | 世の中のこと  

<< みんな、ありがとう 元の場所へ >>