がんばれ、真央ちゃん

職場でのクリスマスのイベントのためのたくさんの料理を作り終え、次の日は大掃除。

そして今日はわが家の大掃除に、夜は気のおけない人たちと忘年会。

慌しいのは毎年のことながら、気持ちはなんかパッとしない。

今日の忘年会もいまいち乗り気にもなれず、しかしながら今日は私の料理当番なので

夕飯の準備でもしておくか、とリクエストのあったコロッケ作りにとりかかった。

ジャガイモを洗って、お鍋に火をつけようと、コンロをひねったら、「ボッ!!」とオレンジ色の

炎が点火した。その暖かさでちょっと気持ちがやわらいだ。

ジャガイモがゆであがる横でタマネギとひき肉を炒めていたら、

「ボコボコッ」というジャガイモの音と「ジャー」というタマネギの音とオレンジ色の炎が

妙に優しくて、自分の中でフル回転だった頭が少しづつスピードを落としていくようだった。

まだ明るい陽のさす小さなキッチンで、家族のためのちょっぴりの料理を作っていると、

まるでおままごとのような気がして楽しくなって、昨日の夜つくった発酵がいまいちな

ピザ生地を取り出し、(どうにかなるさ!)と具をトッピングした。

いつもこうありたい、と思うには思えど、誰かが私を何かが常に追い立てているような

ハラハラドキドキのこの小心者のハートは、きっと家族にとっちゃあ、甚だ迷惑だろう。

フィギュアスケーターの浅田真央ちゃんは、その演技もさることながら、

私がいつも感心するのは、演技を終えた後のコメント。彼女の口から出る言葉は

人に向けられたものではなく、常に自分に向けられたもの。どんな時も自分の課題や

目標がはっきりしていることが、彼女の言葉ひとつひとつに現れている、ように

私には聞こえる。どんな平凡なインタビュアーの質問にも、まったく自分の軸が

ぶれないで、むしろそこからさらに問題をはっきりさせようと答えを考えて、

質問に答えている。そんななにげない言葉に私はハッとする。

いまだ自分の軸がはっきりとしない、自分の課題にも向き合えない、このまま

今年の終わりを迎えてしまうそんな自分に、来年こそは、と誓うことにするか。

そして、今日も酔っ払いながら、真央ちゃん応援しよう。
[PR]

by morinotomosibi07 | 2008-12-27 16:29 | 自分のこと  

<< A HAPPY NEW YEAR 珍客 >>