2007年 04月 05日 ( 2 )

 

チーちゃんとハーちゃん

大物は片付けたし、商品の発注も済んだし、お客さん来ないし、

「ひまだなあ~」を連発してたら、「散歩でも行ってブログネタさがしてきよ」

と四女に言われた。でも、寒いしなあ。

いつも、あわただしいので、たまにのんびりもいいかと思った。

でも、これってもしかして、あれかな、嵐の前の静けさ。


そうなんです。まさしく、嵐がやってきました。

ほとんど同じタイミングで、ご来店くださった、チーちゃんとハーちゃん。

どちらも、よく来てくださるとってもかわいい、大好きなお客さま。

お二人は初対面。ハーちゃんは旅から帰ってきたので、その話がてら

チーちゃんに紹介しようと思ってたら、

チーちゃんは、ハーちゃんのこと、旅のエッセイを書く人と思った様子。

いろいろと質問を連発するけど、ハーちゃんは、「いや、あの、そんなんではなく」

チーちゃんは、おかまいなしに「どのへんを?海外なんかも?」

「ええまあ、この前はベルサイユで倒れました」

その後もいろんな話するんだけど、この二人、会話がまったくかみ合わない。

これほどかみ合わない人たちを見るのは、生まれて初めてです。

ところが、ハーちゃんがカード占いをするので、その話になったとたん

会話がかみあいはじめた。というより、なんかお互いのこと、真剣に

語りはじめた。

私は、ちょこっと仕事やなんかをしながら、その様子を見ていたが、

おかしいのなんのって。

あれほど、かみあわなかった二人がおでこくっつきそうなくらいの距離で

真剣に話す姿が。でも、お二人とも、いろいろと山あり谷ありのこれまでだった

らしくて、何かのめぐりあわせで、ここでこうやって、語りあって、心がひとつに

溶け合っていくのをみせていただいて、今日もお店しててよかったなあって

思った。私自信、山あり谷ありなので、みんなで乗り越えようよって、祈った。

途中、「ハーちゃんがティンカーベルに見えてきた」とチーちゃん。わかるわかる。

「いやあ、私うっかりはちべえに似てるってよく言われんですう。

あと、サザエさんとか」とハーちゃん。

やっぱ、普通の会話はかみ合わない。

「この前買ったヤンキーのレモンゼストがいい香りだったので」とチーちゃんが

お買い上げ。「私、チューリップのが気になって」とお買い上げはハーちゃん。

キャンドルもやっぱかみ合わない二人でした。
[PR]

by morinotomosibi07 | 2007-04-05 23:27 | もりとものこと  

痛いの痛いの飛んでけ~

階段踏み外して、つんのめって、落ちた。

むこうずね、したたかうった。

右手、軽く麻痺してる。

ストーブかたづけようと思って、ヒョイと持って、スタスタ。

といくはずだった。あと、もう少しだったのに。

そういえば、ヒョイと持った時から、なんかいやな予感がした。

やけに重い。両腕にしか神経いってない。

これ持って、階段降りるの?って、右後頭部のあたりで声がしたような気がした。

あたりまえでしょ。これくらい。

ものすごい音がしたらしい。「どした?どした?」みんな集まってきた。

「あら、あら、ストーブがこんなふうに‥」ってごまかした。

「落ちたのか?」だんなが、ポリ缶二つ持って、立ってた。

あの時、右後頭部から聞こえた声は、もしかして。

「これ重いのー。持って~」とか、絶対言えない。

ちょっと待って。もう一回考えてみる。うーん。

やっぱ言えない。

むこうずね痛いんだけど、右手もジンジンするんだけど、

右後頭部ガーンとなぐられたような、この痛みはなに?

がんばりやさんって思われたいばっかりに、

言えなかったけど、こんな思いはもういやだから、

これからは、言ってみようかな。

「ね~」とは言えないけど、

「あんた、こっち持ちよ」くらい。

「こいつも歳とったなあ」って、ちょっと同情してくれるかな。


日ごろ、がんばってる方。お休みの時は、力をぬいて、過ごしましょう。

片付けやなんか、おありでしょうが、どうぞ気を楽にして、

キャンドルをお供に、まったりしてください。

音楽も一緒にね。
f0131120_1137429.jpg

[PR]

by morinotomosibi07 | 2007-04-05 11:38 | ダンナのこと