2008年 04月 03日 ( 1 )

 

みっつめはね‥

久々の更新です。

長男ケイさんが旅立ってもうすぐひと月。その間、三女ユリ氏や

四女レイの卒業式があって、涙腺弱くなったことを改めて感じる今日このごろ。

なので、泣かずにすむみっつめの方法とは‥

子供が大きくなって、「おーおー、いつのまにか‥」とため息つくたびに、

じつは自分もどんどん歳をとっているわけで。シミ、シワ、タルミ。

念入りにマッサージしてみたり、ストレッチしてみたりするものの、

なんか投げやり。それよりこたつで芸人さんを見てる方が楽しかったりして。

「世界のなべあつ」と「エドはるみ」最近はまってます。

今のところ、末っ子みーこは、そばでいっしょに笑ってくれるけど、

三女ユリ氏は「エドはるみっておかあさんに似てるよ。なんかイタイところが」

と言って部屋でガンガンロックを聞きながら、高校の課題に取り組み、

四女レイは「おかあさん、そういうの好きやなあ」とピアノの即興演奏に最近余念がない。

次女エリさんは、「甲子園見に行ってくる~」と言って関西方面におでかけ。

てことで、子供たちはそれぞれ自分の世界を持ってて、私からすればそれは小さい

世界に見えなくもないけど、私の頭の中のほうがよっぽど小さいのかもしれない。

毎日何に心踊り、何に胸がふさがり、何にうなずき、何に腹をたてているのか

私はそれのどのくらいを知っているのだろう。

どんどん前へ進んでいく、進んでいかざるをえない子供たちに

おいてきぼりにされないように、私も立ち止まってないで

楽な方へとばかり行かないように、前に進んでいかないと。

人間いくつになっても成長するもんだと、親なら身をもって示さないと。

と考えていたら、涙のかわりに冷や汗のような冷たいものが流れてきた。

さあ、桜も咲いて、春本番。油断すると居眠りしそうな心持ちですが

春休みで心ウキウキの我が家の乙女たちの「どっか連れてけ~」コールに

のそのそと起きだして、乙女たちに負けないようにおしゃれして

連日あちこちドライブしています。今日はこれから三女ユリ氏を伴って

ジムで汗流してきますので、このへんで。
[PR]

by morinotomosibi07 | 2008-04-03 13:37 | 長男ケイさんのこと