2008年 08月 13日 ( 1 )

 

末っ子みーこの熱い夏

仕事で姫島のキャンプに行ったり、プライベートでは家族と

実家の両親や友達など総勢13名で荻町の白水でのキャンプと

いった具合に、それなりに夏を満喫しております。

オリンピックや甲子園での闘いにも、少しばかり血が騒ぎ、

自分の体力はとっくに限界を超している感に襲われるなか、

今年の夏はいろんな意味で熱い、暑い。


末っ子みーこの熱い夏は、小学校の合唱部の全国コンクールの予選に

向けた練習に始まり、5日の大会では惜しくも銅賞に終わり、涙、涙のうちに

幕を閉じた。四女の後を追うように、合唱部に入部し、(せめて銀賞を)という

プレッシャーのなかドキドキしながらの初舞台。舞台の上の小さいみーこを

見つけようと目を凝らして眺めていたら、意外にも大きかったみーこにちょっと

驚いた。私の回りをいつもチョロチョロとしていたみーこが、合唱部の一員とし

て大きな舞台に立ち、銀賞が取れなかったから悔しいといって、いっちょまえに

泣いたりなんかするのを見て、(おーよしよし)と抱っこしそうになるのをグッと

我慢して、「いやあ、どこよりも綺麗な歌声でおかあさん、感動したよ。ここまで

よくがんばったね!!」と何回も何回も繰り返した。

めったに人を褒めない四女レイも「ウチも鳥肌たったよー。上手やったあ」と

褒めるうちに、少しづつ元気を取り戻したみーこは、、ご褒美のアイスをほおばり

ながら、「もう練習ないけん」とほっとした様子を見せた。

二学期からは、老人ホームの慰問や駅前コンサートなどの活動に向け、今度は

少し気楽に練習できるだろうけど、なにより仲間と力をあわせてひとつのことに

取り組むことや責任を果たすことが大事だということを少しづつ学んでいってほしい。

家族でのキャンプや次女エリさんに連れられて海水浴に行ったりと、末っ子みーこ

の熱い夏は今まっさかり。楽しい思い出をいっぱい作って、元気に二学期スタート

してほしいと、私は息も絶え絶えになりながら祈っています。
[PR]

by morinotomosibi07 | 2008-08-13 11:05 | 末っ子ミオのこと