2008年 08月 20日 ( 1 )

 

料理はたのし!!

今日もまたグンと涼しくなり、過ごしやすいですね。

あまりのにぎやかなセミの声に、(どうしてそんなに必死に鳴くのか聞いてみたい

もんだ)と、お墓まいりのときにダンナと話したのは、ついこの前。

(7年もかかって地上に出てくるらしいから、きっと何か言いたいことがあるんやろう)

(せっかく地上に出てきたんだから、思いっきり空を飛び回るとか、他にすること

あるやろ) (ここにいるぞーって必死で訴えてるんやろ) (だれに?) (メスに?)

(そんなに鳴かなくてもメスは気付くやろ) (じゃ鳴くのはオス?) 

(オスって悲しいね) (ていうか、いやらしい) 

って、セミからすれば、(あんたらも他に話題はないのか)と言われるような会話を

したのは、ほんとこの前。あのセミはどこへ行ったのだろう。


このところ、料理をするのがほんとに楽しい。仕事から帰ってそのまますぐキッチン

に立って料理にとりかかる。今日の献立は、かぼちゃのスープ、ささみのフライ甘辛たれ

人参とツナのサラダ、キュウリとトマトのオリーブオイル漬け。

ちなみに昨日は、レンコンとナスと鶏肉のバターしょうゆいため、出し巻き卵、

オクラのフライ、キュウリとみょうがのごま汁。

手の込んだ料理はできないけれど、これを30分で作れることがちょっと自慢。

「このごろおかあさん、張り切ってるね」とレイが言うと、「いつまで続くかだな」

とダンナ。他のみんなは、大きくフンフンと頷くから、「いや、楽しいから大丈夫!!」

その訳のひとつは、大好きな「pot.」さんのブログで紹介されてるおいしそうな

お家ごはんの数々。見てるだけで心がなごみ、献立を読んでるだけで心が

ほんわかしてくる。気持ちのこもった料理がいかに人を暖かく包み込むかを

いつも思いしらされる。そういうことに丁寧に時間をかけることがいかに大事かを

メッセージのように伝えてくれる。まだまだ余裕がなくて、丁寧に時間をかけて、とは

いかないけれど、何より楽しく料理ができることが今一番うれしい。

なかなかお店に行けないけれど、「お家ごはん」食べに行こう。

それともうひとつ。やっぱり大ファンだったカフェのかわいいオーナーさんの

ブログが復活して、やっぱりその方の普段の料理が拝見できること。

そしてやっぱり見てるだけで、読んでるだけで、心が癒される。

カフェの再開が待ち遠しい。

どちらのお店の方も暖かいなかに凛とした一本の筋のようなものが感じられて

私にはそこがたまらなく魅力的。その姿勢からいつも学びたいと思いつつも

だらしのない私はため息ばかり。でも、このところの張り切りぶりは、文句なしに

影響されまくりで~す、とただただ感謝です。

さあ、明日は何をつくりましょうか!
[PR]

by morinotomosibi07 | 2008-08-20 22:26 | 好きなお店のこと