2008年 08月 23日 ( 1 )

 

織田裕二さん、見てましたか

昨日のオリンピック男子400メートルリレー、すごかったですね。

第1走者の塚原選手はスタート直前の気合の入ったパフォーマンスどおり、

いい走りで末続につなげ、第3走者の高平はあの超人ボルトといっしょに

トラックを駆け抜け、2位で朝原に。そして兄貴やりましたね。

ゴール手前、(ああ、もうだめか…)と思っていたら、見事3位でゴール。

あとで解説の人が彼の走りを「ゴール手前で乳酸がでてくるあたり、ここから

がんばりましたねえ」と言っていた。これまでの必死の努力やつらい練習の結果で

あることはもちろんのこと、自分の力を超えたなにかに動かされていたような

あの走りは、彼の「夢のようだった。楽しかった。」という言葉とさわやかな笑顔が

物語るとおり、自分を超えるということ、自分に負けないということは、自分を超越するだけで

なく、いままでにない世界へ自分をひきあげてくれる、大きな大きな世界がまた目の

前に広がる、そういうことなのかなと改めて思った。見事なラストランだった。

そして、「兄貴のために走った」「上の二人を支えようと思った」という二人の

若いアスリートの言葉や「短距離界を支えてこられた先輩方の力」ということを

力説した末続選手の言葉に、単なるメダル争いだけではない、人のためにがんばる

ということの意味がスポーツには含まれているんだと思った。

眠い目をこすってダンナと二人して見てよかった。(ダンナはボルトのパフォーマンス

の方が見たかったらしいが、この四人のインタビューに目頭を押さえていたのを

私は見た)

好きな野球やバレーはいまいちだけど、こういう機会にいろんなアスリートの人たちの

姿を見たり言葉が聞けて、そういう意味ではオリンピック楽しかった。

競技以外にあまりお金をかけずに、もっとシンプルに出来ないものかという思いは

依然としてあるけれど。
[PR]

by morinotomosibi07 | 2008-08-23 10:25 | 世の中のこと