2009年 03月 04日 ( 1 )

 

プロになるには

ここのところ、昔読んだ(頭と体が別人)みたいな物語の本じゃないけど、

頭と心がどうにもバラバラなような気がする。

巷には、菜の花が咲き乱れ、梅の花もかぐわしい。家の近所の無人野菜コーナーにも

菜の花と梅の木のセットが何気に売られていたりして、(おっ)。

車止めて買ってみようと思えど、(今度にすっかな)と通りすぎる。次の日もまた補充してあって

(おっ)。(いやまた今度ってことで)とまた通り過ぎる。なんか、余裕なさすぎな自分がイヤだ。

どうやら、私は今初めて、頭の中が仕事モードになっているようだ。仕事人間ってわけでも

ないし、かといって、いわゆる家事を完璧にこなすってわけでもない。

どっちつかずのまま、家族の協力や団結の力を借りて、なんとかバランスを保ちながら、

両方こなしてきたのだけれど。

今、生意気にも私は、プロフェッショナルという言葉に強く惹かれ始めている。

今の仕事について、もうすぐ6年め。失敗も多々あるけど、少し自信もついてきた。

辛いことも多いけど、何より楽しい。ていうか、喜びが大きい。

極めるってことのもんでもないけど、もっともっと努力して、腕をみがいて、

たくさんの人に喜んでもらいたい。

「さすがプロだね」なあんて言葉をいつか聞いてみたい。

まだまだ長い修行が必要だけど、諦めないでやってみようかな。

なもんで、なんか余裕なくて、家族に迷惑かけてるような気がするわけで、

明日こそは、お花を買って帰って、ふんわりしてみようかなと思う。

て、書いてる言葉もなんだか現実味がなくて、自分の言葉じゃないような気がして、

実はとっても気持ちが悪いのだ。


早くなんとかしなきゃな。
[PR]

by morinotomosibi07 | 2009-03-04 21:50 | 自分のこと