「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:好きなお店のこと( 12 )

 

ラクテンチVol.2

「ラクテンチ」のつづきです。

そろそろプールにも飽き始めた子供たち。次の獲物は、もちろん園内の乗り物だ。
とくとく乗り物券を各自購入している。
自分たちで窓口で購入したのだが、「とくとく乗り物券ください」と言った子供に続いて
「とくとくもり下さい」と言った子がいた。
みんなで「とくとく乗り!!」と突っ込んだが、またしても「とくとくもり!」と言っていた。
また同じように突っ込んだが、係りのお姉さんは笑いながら、「とくとく乗り物券ですね」と
優しく言ってくれた。
しかし、子供たちはしつこく「とくとくもりって、丼かよ~」と結構その話題を引っ張っていた。

「はあい!みんなは乗り物思いっきり乗っておいで~わたしゃあ、ちょっくら温泉入ってくるわ」
名案とはこのことだ。プールサイドから、「ゆ」と書いたのれんがゆらゆらとはためくのが見えたのだ。
それは明らかに「ここいいよ~」と私を呼んでいた。
あそこで、ひとっ風呂あびて、そのあと、休憩所で寝っころがって本読もう!

「集合は二時間後にさっきのゲートね~じゃあね~」と子供たちを見送り、いざ温泉へ。
以前は確かいくらか料金がかかったはずだが、今は無料だ。
しかもリニューアルになって、二階は展望風呂、一階は露天風呂になっている。
抜群のロケーションにやや熱めのお湯。湯船は広々だし、人は少ない。言うことないやね。

温泉からあがり、外のベンチで涼んでいると、どこからか「奥さ~ん」と呼ぶ声が。
「奥さ~ん!こっちおいで~」 声の方を見ると、見知らぬおばさんが手招きしている。
「えっ私?」と自分で自分を指差すと、「そうそう、あんた、あんた。こっちこっち。」
近づいて見ると、さっき温泉でちょこっと言葉をかわしたおばさんだ。
「ここいいよ~涼しいよ~」
畳じきでテーブルが置いてある休憩所だ。おばさんはそこで娘さんとお孫さんらしき子供たちと
カキ氷を食べていた。
「まっゆっくりしていきよ。じゃね。あっそうそう、この扇風機にあたりよ。
ただし、これ、てどうなんよ、てどう。帰る時、自分で消してな。」と言って、
おばさんは立ち去っていった。

「てどう」ってもしかして「手動」のこと?しかも、おばさん、つけといてくれればいいのに、
なんで消した?と思いながら、扇風機を手動でつけて、そこで休憩することに。
取り出した本は「食堂かたつむり」
この本がおもしろかった。まだ読んでない方はぜひ。この本を読みながら、これって
映画になったらおもしろそうだ、と思っていたら、後で知ったことだがもうクランク・イン
しているらしい。ヒロインは柴咲コウ、その母役は、余貴美子。
う~ん、ピッタリだ。

本を読みながら、時々あたりを見渡すと、親子連れ、カップル、お孫さん連れ、など
いろんな方がのんびりとそぞろ歩いている。これがここのいいところだ。
どっかのテーマパークや大きな遊園地にいる人のように、ギラギラしたところがない。
大きな期待も希望も持たず、ただ現実をあるがままに受け止める。
ここに集った人々はそういった心境に違いない。
だから、私みたいな風呂上りのスッピンで、大きな扇風機の前で足を投げ出して、
おにぎりをほおばりながら、本をむさぼり読んでいるような人がいても、
誰も気にも止めないのだ。
また、「食堂かたつむり」の話に戻るが、この本の内容も、この場所で読むのに
ピッタリなのだ。なにもかもが絶妙のシチュエーションに私は久々に至福の時とやらを
満喫した。

(さっ、ちょっと早いけど集合場所に向かおう)と、扇風機を止め、立ち上がった。
途中、もう一度「ミーアキャット」に会いに行ったり、ペンギンを見たりしながら、
時間がまだあったので、もう一度木陰のベンチに座って、読書をした。
いやあ、これって、最高の遊びだ。大人の遊びと言っていいだろうか。
今でもこのときのことを思い出すと、言い知れぬ喜びがよみがえってくる。
また行こう。持っていく本をよく吟味して。

子供たちもことのほか満足気で「いい思い出ができたねえ~」と多いに盛り上がりながら
帰路についた。
[PR]

by morinotomosibi07 | 2009-08-23 14:27 | 好きなお店のこと  

ラクテンチVol1

残暑が厳しいですが、みなさんいかがお過ごしですか?

お子様をお持ちの方、夏休みもあと少しとなりました。あと少しの辛抱ですっ

我が家の行事も残すところあと二つ、三つとなった。

昨日は、末っ子ミーコとその友だち二名を連れて、プールへ行ってきた。

再三閉園の危機に見舞われている、ご存知「ラクテンチ」の中にあるプールだ。

なんかこう、郷愁みなぎる感があって、わたしは好きなんだけど、

といいながらも、実に何年ぶりだろう。

リニューアルにリニューアルを重ねたとは聞いていたが、そうたいして変わった様子は

ない。と思いきや。良くも悪くも少し変わってた。

まず、山の上の方の入場ゲートが、少し奥まったところに移動していた。

子供料金が以前より安くなっていたが、駐車料金がかかるようになっていた。

ゲートで入場チケットやら、乗り物券を買ったあとに、係りのお姉さんがおもむろに

「今日はお車でお越しですか?」と優しい笑顔で聞いてくる。

車を止めたとき、内心(ここに黙って止めてもわからんやん。ゲートで駐車券買え!とか

書いてるけどさ)と思った。

がしかし、かわいいお姉さんにあんな笑顔でスルっと聞かれたら、

「ハイ!」としか言いようがない。まさか「いーえ!」などと勢いで答えてしまって、

「えっここまで歩いて来られたんですかあ?」と少し目をウルウルさせて聞かれたら

どうしていいかわからんし。「い、い、いやー勘違いしてました。車、車で来ましたよー」

なんてしらじらしい演技をするのはあまりに恥ずかしいし。

かわいい草食系の動物たちがまずは出迎えてくれたのだが、とにかく目指すはプール。

私は入るつもりは毛頭ないけど、この獲物をさがすような目つきの子供たちを

早いとこプールに放り込まなくては。私が思わず「ミーアキャット」のところでたちどまって

「あらあら、なんてまあかわいいこと」とみとれていたら、いつもなら食いつくはずの

子供たちが「ハイハイ、おばちゃんこっちね、こっち。早く!」

獲物が近づいてきたのか、子供たちの息も相当荒くなり、ハーハー言ってる。

プールは人もそう多くはなく、木陰のテーブルもひとつゲットできたし、

さあ、どうぞ思う存分泳いでおくれ。わたしゃあ、読書三昧さ。

しかし、水に戯れる子供って、なんであんなに嬉しそうなんだろう。それにただ泳ぐだけじゃなく

みんないろんなことするよなあ。プールサイドで仲良く並んで座っていた小学生のカップル。

なんかひそひそ話している。いやあ、いい感じやわあ。と思っていたら、

いきなり、男子のほうが立ち上がって、上半身を大きく後ろに反らし始めた。

えっ?まさかのブリッジ?ここで?で、で、その体勢でそのままプールへ?

うそやろ~  あっ  やめた…  そうよなあ、それは危ないわ。

と、そこへ、今度は女子の方が立ち上がり、やっぱりブリッジ?

この子の方が上手やわ。へ~体柔らかい~  この子なら、うまいこと頭からプールに

入れるかも…  と期待してしまったが、あっ やっぱね。やめるよね。

ミーコたちは、意外と真剣にクロールで泳いだり、ウォータースライダーを普通に

滑ったりしている。うん、この子達普段から結構真面目やからなあ。

私はそうやっていろんな子供の動きを見ているのがおもしろくて、読書どころじゃなくなった。

三冊も持ってきたのに~

しかし、そこで名案が…

                                後半へつづく
[PR]

by morinotomosibi07 | 2009-08-22 09:05 | 好きなお店のこと  

花民

みなさん、もう行かれましたか?ここが噂の「花民」です。
f0131120_13234828.jpg

   「さあて、何を食べようか」

f0131120_13251487.jpg

  お店の玄関を入った正面のところ
  ママさんのガラスの作品です

f0131120_13271310.jpg

  なんともかわいいこの石焼釜で焼かれたアツアツのピザがもうすぐ…

f0131120_13283278.jpg

  ハイ、いただきます!って、もう!一人でそんなバクバク食うなあ~

今のところ、ピザのみですが、追々パスタもされるとか。
この日はハーフ&ハーフという二種類のピザを半分こづつにできるのを食べました。
マルゲリータと、もうひとつはじゃがいもがメインの名前は…う~ん忘れたけど、
とってもおいしかった。
静かで落ち着いた雰囲気の素敵なお店です。
最近できた「トライアル」も近いですので、ぜひ一度足をお運びください。
ちなみに、21日は夏至の日なので、キャンドルナイトを計画中だそうです。
以前うちでも使ったあのなつかしいマンゴー色のソリッドキャンドルがお目見えするはずです。
[PR]

by morinotomosibi07 | 2009-06-18 13:39 | 好きなお店のこと  

GOOD  NEWS!!

GWいかがお過ごしでしょうか?

我が家は、上の女子3人はバイトや部活で休みが合わず、私も今日しか休みがない

ので、末っ子ミーコとダンナとで「海」に行ってきたのだ。

ほとんど人もいなくて、海岸をゆっくり一回りした。途中、会ったおじさんに「貝はとれるの?」

と聞くと、「赤潮でやられた」そうだ。う~ん、そういえば砂浜もなんか汚れてる。

貝殻に混じっていろんな色のガラスの破片がたくさん落ちていた。誰かが捨てたビンが

どこかから流れてきたのだろう。流れ物アート的な作品を作ろうと、それらをミーコと二人して

せっせと拾い集めた。帰りに「血の池地獄」のところで、骨董市をしていたので、覗いてみた。

ガラスの醤油さしとティーポット、口がやたら長くてアラジンのランプのような形をした焼き物の

急須をGET。帯や着物もたくさん並んでいて、そのなかに、黄土色の地に

黒と銀の模様が入った、アジアンティックな帯があった。欲しかったけど、今回は我慢。

そして、帰ってからさっそく流れ物による作品づくりにとりかかった。

これがなかなかいいものが出来た。しかし、ここにアップする方法を忘れてしまったので、

次女エリさんが帰り次第、やってもらうことにします。あしからず。

そんなどうでもいいアートの話はこっちに置いといて、いいお知らせがあります。

うちの近くに、その名も「花民」というギャラリー&レストランがオープンします。

うちからは、ものの2~3分でしょうか。「お~い」と言えば聞こえそうです。

ここのオーナーさんは、かつてうちのお店によく見えてくださった方で、以前は日出の

方でお店をされていました。そこから、こちらの方へ移転され、5月25日オープンされるそうです。

レストランを切り盛りされるシェフは、湯布院の「橡の木」で修行された方らしく、

石釜で焼いた本格的なピッッツアが食べられるそうです。いろんな作家さんの作品も展示されるとか。

今急ピッチで工事が進んでいます。その様子も近々アップしたいと思います。

ご存知のとおり、ここいらは人も通らぬ辺鄙な場所ゆえ、黙っていちゃあ、お客様は来てくれません。

うちの場合は諸事情のためいざ知らず、(なんでこんな場所にお店を?)と不思議でしたが、

ここを気にいってくれて、ご近所さんになれることは、我が家にとってはほんとに嬉しい限り。

どうか、皆様も一度足をお運びください。レストラン「塔真」さんの上の辻を左に入ったところです。

よかったら、そのついでに我が家にも遊びにおいで下さいまし。
[PR]

by morinotomosibi07 | 2009-05-02 17:47 | 好きなお店のこと  

おうちごはん

今日は、色々と用事を済ませにエリさんと街まで降りて行った。ひとつ用事を済ませたところで

腹ペコになり、一目散に「pot」さんへ。目当ては、「おうちごはん」

駐車場が満杯だったので、先にもうひとつ用事を済ませて、祈るような気持ちで再び

やってくると、ひとつだけスペースが空いてたので、滑り込むように車を止めて、それっ!!

(とりあえず何か食べさせて)と顔に書いてなかったかと思うほど、危険な空腹状態。

私はチエさんのおうちごはん、エリさんはマスターのオムライスを注文。

やってきたのは、ゴーヤの梅酢漬けや洋ナシのサラダ、キノコのクリームのかかったハンバー

グやエビとレンコンの春巻きなど。(チエさん合ってますか?)

どれも優しい味でおいしかった。ハンバーグはとてもジューシーだけど、クリームに負けない

くらいお肉の旨みだけがぎゅーっとつまってて、昔神戸のドイツ料理のお店で食べたハンバーグ

を思い出した。おいしかった。マスターのオムライスもとってもおいしくて、オムライス好きの

エリさんは、いつものように小さい声で「おいしい」ってつぶやきながら、食べていた。

3時ごろになると、グーグー言い出すいやしんぼのお腹が、今日は不思議とおとなしかったのは

きっとお腹も心もいっぱいに満たされたからだろう。また行こう。人もご飯も優しい「pot」に

また行こう。

その後、「リスかフェレットが飼いたい」とこのところウルサイエリさんのため、「ヒロセ」の

ペットコーナーを覗いたり、「食の蔵」でお肉などを買って帰った。

帰ってから、キッチンを少し模様変えした。少しのつもりが結構おおがかりになってしまって

今晩のメニューもまだ考えてないけど、「pot」さんで食べた雑穀ご飯をマネしよう。ちょっと栗を

入れたらどうなるかな。あと、エリさんがゴーヤが食べたいというので、これもマネして

みようっと。リビングが見えやすくなったキッチンに立つのが、いつにもまして楽しみだ。

今日もいい一日だった。
[PR]

by morinotomosibi07 | 2008-09-19 18:13 | 好きなお店のこと  

おとめ座

今日は午前中、エリさんと図書館へ行った。その道すがら、前から行きたかった

雑貨やさんへ。そのお店は、大分市内へ出かける時は必ず通る道沿いなのに

全く気付かなかった。potのみわさんも紹介してたし、職場の若い女の子にも

「かわいいお店ができたんですよ~行かれました?」と言われ詳しく場所を説明して

もらったにも関わらず、今日も一度通り過ごしてしまった。

「いらっしゃいませ」と出迎えてくれたのは、こういうお店では珍しく男性の方。

しかもちょっとエキゾチックな顔立ちの男前。しばらくして奥から赤ちゃんを抱っこした

女性の方が出てこられて、これまた目鼻立ちのはっきりしたべっぴんさん。

お店は通りに面した入り口のドアが開け放たれていて、かわいい雑貨たちが「おいで~」

と言ってるように並んでる。昔からの建物を利用した店舗は古い物の良さを感じさせて

くれるたたずまいで、エリと2人して天井ばかり眺めてしまった。

古い町並みが残るこのあたりは、古き良き時代の日本の姿と同時に、こういう雑貨屋さん

ができたことで、なんとなくアジアのどこかの国を思い起こさせる雰囲気も同時に

ある気がした。それはエキゾチックな顔立ちの若いお2人の影響もあるのかな。

そこで、目にとまったのが小さいノート。ページが上下に分かれていて、

料理のレシピを書くのにピッタリだと思って買って帰った。それにあわせて、

えんぴつとケシゴムも。これで、「ちょっと~鉛筆かして~」だの「あー間違えた。

けしごむ~」といちいち叫ばなくていい。MYえんぴつとMYケシゴムは大人な感じの

しかもオランダ製ときた。

他にもステキな家具や雑貨がたくさんあった。

その後大分へ車飛ばしながら(ああ、またや) ケイさんがいなくなってから、

この街には友達と過ごした私の知らないケイさんの思い出があちこちにあるんだろうな

と思うたび、胸がつまる思いがしてイヤになる。そして、ケイさんに会いたいと思った。

スピカ。おとめ座の星のもと生まれたケイさんに会いたいと思った。


f0131120_174899.jpg
[PR]

by morinotomosibi07 | 2008-09-05 17:13 | 好きなお店のこと  

potさんのフリマ

本日2回目の書き込み。

大好きなご存知「pot」さんのフリマに行ってきた。

まずは表で目に止まった赤いイスをすかさずゲット!聞けば白もあったそうで、残念。

ユリ氏の部屋にピッタリとおさまった。いつも低いテンションのユリ氏が喜ぶこと喜ぶこと。

f0131120_1751119.jpg


次にエリさんがセーターをゲット!

f0131120_17521685.jpg


私めはフリマではないけれど、スタジオMのマグカップと籐のトレーとシュガーポットを。

帰って速攻ケーキを焼いて乗っけてみたら、あーらかわいいこと。

f0131120_17535299.jpg


久しぶりにpotの皆様にお会いできて大感激。今日はゆう君にも会えてうれしかった。

「北島康介かっこいいね。見た?」 と聞くともちろんというように、目をキラキラさせて

頷いた。「ゆう君はロンドンの次のオリンピックには出てね」と言うと、

すかさず「東京だね」と頼もしい答え。がんばってね。ゆう君、おばちゃんそれまで

生きてるからね。

他にも作家さんの素敵なお洋服がズラリ。いろんな物をそぎ落とさないと私には

とうてい似合いそうにない。でもとっても素敵だった。

今度はご飯食べに行こうっと!!
[PR]

by morinotomosibi07 | 2008-08-28 18:09 | 好きなお店のこと  

料理はたのし!!

今日もまたグンと涼しくなり、過ごしやすいですね。

あまりのにぎやかなセミの声に、(どうしてそんなに必死に鳴くのか聞いてみたい

もんだ)と、お墓まいりのときにダンナと話したのは、ついこの前。

(7年もかかって地上に出てくるらしいから、きっと何か言いたいことがあるんやろう)

(せっかく地上に出てきたんだから、思いっきり空を飛び回るとか、他にすること

あるやろ) (ここにいるぞーって必死で訴えてるんやろ) (だれに?) (メスに?)

(そんなに鳴かなくてもメスは気付くやろ) (じゃ鳴くのはオス?) 

(オスって悲しいね) (ていうか、いやらしい) 

って、セミからすれば、(あんたらも他に話題はないのか)と言われるような会話を

したのは、ほんとこの前。あのセミはどこへ行ったのだろう。


このところ、料理をするのがほんとに楽しい。仕事から帰ってそのまますぐキッチン

に立って料理にとりかかる。今日の献立は、かぼちゃのスープ、ささみのフライ甘辛たれ

人参とツナのサラダ、キュウリとトマトのオリーブオイル漬け。

ちなみに昨日は、レンコンとナスと鶏肉のバターしょうゆいため、出し巻き卵、

オクラのフライ、キュウリとみょうがのごま汁。

手の込んだ料理はできないけれど、これを30分で作れることがちょっと自慢。

「このごろおかあさん、張り切ってるね」とレイが言うと、「いつまで続くかだな」

とダンナ。他のみんなは、大きくフンフンと頷くから、「いや、楽しいから大丈夫!!」

その訳のひとつは、大好きな「pot.」さんのブログで紹介されてるおいしそうな

お家ごはんの数々。見てるだけで心がなごみ、献立を読んでるだけで心が

ほんわかしてくる。気持ちのこもった料理がいかに人を暖かく包み込むかを

いつも思いしらされる。そういうことに丁寧に時間をかけることがいかに大事かを

メッセージのように伝えてくれる。まだまだ余裕がなくて、丁寧に時間をかけて、とは

いかないけれど、何より楽しく料理ができることが今一番うれしい。

なかなかお店に行けないけれど、「お家ごはん」食べに行こう。

それともうひとつ。やっぱり大ファンだったカフェのかわいいオーナーさんの

ブログが復活して、やっぱりその方の普段の料理が拝見できること。

そしてやっぱり見てるだけで、読んでるだけで、心が癒される。

カフェの再開が待ち遠しい。

どちらのお店の方も暖かいなかに凛とした一本の筋のようなものが感じられて

私にはそこがたまらなく魅力的。その姿勢からいつも学びたいと思いつつも

だらしのない私はため息ばかり。でも、このところの張り切りぶりは、文句なしに

影響されまくりで~す、とただただ感謝です。

さあ、明日は何をつくりましょうか!
[PR]

by morinotomosibi07 | 2008-08-20 22:26 | 好きなお店のこと  

初心忘れず

今朝は、鶴見岳やら、なんとか岳やらが、まっしろ。

まるで、ポンポンって、粉砂糖ふりかけたみたい。

「どうよ」といわんばかりの見事なデコレーション。

すげえ。そんなことできるんだ、しかも、4月ですよ。

大それたことができそうな気がしてた今日このごろ、

ひゃあー、自然にはかないませんって。

人間はちっぽけだけど、ちっぽけなりに、細かいことが

できるってもんだ。ちょっとした変化や小さな心使いや相手に対する思いやりや

そういうことができるのが人間じゃないか。

って考えてて、気付いた。

私、どっちもだめか。

大きくもない。小さくもない。自然でもない。人間でもない。

今朝は、「どうか、くせ毛がうまい具合におさまってますように」とか

おととい買ったワンピースが「どうか似合いますように」とか

そんぐらいしか考えてない。結局、自分。

自然にはなれないんだから、せめて人間らしく生きないとな。

自宅ショップ始めようと思って、一番最初に行ったお店。雨の日だった。

マスターお手製の羊羹、優しい味がした。

傘を持ってなかったわたしたち夫婦に、傘をかしてくださって、駐車場まで

見送ってくださったマスターの奥様。車がみえなくなるまで、手をふってくれた。

その後、オーナーの方と出会い、色々と教えていただいた。

疲れて、夕飯作るのいやになった時、ブログ見て、元気もらった。

ハッとしたり、ホッとしたりした。

レジの打ち方をダンナに教えてくれた。(いまだにわかってないけど)

イベントにも来てくれた。

いつも、さりげなく、穏やかに。

お手本にしようと思った。

一歩、一歩、まじめに、歩いていこうと思った。人間らしく。


もうすぐ開店。さっ、まじめに掃除するかな。

明日はベーグル買いに行こう。
[PR]

by morinotomosibi07 | 2007-04-19 09:43 | 好きなお店のこと  

ひといきいれましょう。

f0131120_23245924.jpg


「ひといきや」さん。

バリニーズマッサージのお店です。

別府の駅前にありますが、中に入ると、

笑顔の素敵なオーナーさんとかわいいワンチャンが

静かで、あったかい、ほっとする店内へと迎え入れてくれます。

オーナーさんは、まだお若いのに、バリにまで

修行にいかれるほどの、研究熱心な方。

身も心もとろける至福の時間が味わえます。

いつもがんばっている、手や足や腰や肩に

たまには、休んでいただきましょう。

きっと、心も休まります。

かわいい雑貨も販売しています。

うちのキャンドルたちもいそうろう。

自分へのご褒美もお忘れなく。

f0131120_23441237.jpg

[PR]

by morinotomosibi07 | 2007-03-23 23:46 | 好きなお店のこと