カテゴリ:家族みんなのこと( 4 )

 

花火

今年の夏はことのほかアクティブだ。
昨日は、四女レイの所属する中学のブラス部が、マリンフェスタとやらにゲストで呼ばれ、
演奏するってんで、末っ子ミーコと聞きに行った。
そこでまたしても、レイは「崖の上のポニョ」を気持ちよさそうに熱唱していた。
二曲目が済んだあたりで、お孫さん連れの女性の方が
「子供が知ってる曲を演奏してくれるといいのにねえ」と話しているのが聞こえてきた。
なので、この曲が始まると、とってもうれしそうにしていた。
レイ、やるじゃないか、とちょっとホッとした。
アンコールの「テキーラ」という曲では、最後にみんなが楽器を上に上げて、
「テキーラ!!」と叫ぶ。これがなんともかわいいのだ。
彼女たちの演奏はいつ見てもいつ聞いても、パワーいっぱいで、元気をもらえる。
10月には「いいちこ」で演奏会があるので、お暇な方はぜひぜひ。

夜は友だちのチカちゃん一家と「城島高原パーク」へ。花火見物だ。
さすがに夜の高原はひんやりしていて、半そででは寒いくらいだ。
それでもあまりの気持ちよさに、売店で軽食を買ったついでに、思わずビールを
注文しそうになって、「お~っと、わたしゃ、車、車。あぶない、あぶない」
そういえば、この前もそんなことが。
仕事から帰ったら、ダンナが友だちと晩酌をしていて、「ちょっと悪いけど、もうちょっと
ビール買ってきてよ~」などと言うもんだから、私だってまずは一杯!と思いながらも
しぶしぶ、買いに走った。
買ったビールを助手席に置いて、チラチラ見ながら運転していると、喉はすでにカラカラだし
生唾ばかりが湧き上がってくる。それをひたすらゴクン。一刻も早く帰りたいのに、そんな時に限って、
信号につかまる。目は愛しいものを見るかのようにビールに注がれている。
そのとき、何を思ったか私の手がスルスルと伸び、ギンギンに冷えたビールの缶をつかんだ。
そして、プルトップに指をひっかけ、思い切り引っ張ろうとしたとき、信号が青に。
そこで、「うわ~」と缶を放り投げた。
何やってんだ。私。何秒間のあいだ、完全に思考が停止していたようだ。というより、
頭はビールのことでいっぱいになっていた。運転中ということがすっかり頭から抜け落ちていた。
こんなことってある?ないよね。アル中か。それとも、ついにボケはじめ?あぶない、あぶない。

話は元にもどるが、園内をブラブラしたりゲームをしたりしていると、いよいよ花火の時間に。
チカちゃんが「絶好の花火ポイントがあるからね~」と人ごみを掻き分け掻き分け、歩いていった。
「誰にも内緒よ。私が見つけたんやけんな」と言いながら、チカちゃんが案内した場所は。
昼間だと絶好のピクニック広場なのだろう。秋になると一面コスモスが咲くと言う。
しかし、夜は「もしかして、マムシが出るかも~」とチカちゃんが言うとおり、
ただの草むらだ。マムシにはちょうどいい寝床だろう。
「マジで?なっチカちゃん、みんなが見てるところでいいんじゃないのか?」と言っても
チカちゃんは「大丈夫、大丈夫。ベンチがあるから、あの上に立てばいいって」
と言って、真っ暗ななかどんどん奥へ進んでいく。携帯の画面のかすかな明かりだけが頼りだ。
「みんなこっちよ~このベンチの上に乗ってね~」とチカちゃんの指示に従って
みんなでおそるおそるベンチの場所を確認しながら、上に上がろうとしたところへ、
いきなり、一発目の花火が。ド~~~ン!!!

「ぎゃああああ~」と言って、ベンチから落ちる者あり、座り込む者あり、呆然と立ちすくむ者あり。
そこへ、次々と打ちあがる花火。「ぎゃあああ~」の悲鳴。これじゃマムシも逃げ出すわな。
「それにしても、ち、ち、ちかい…」
そう、花火との距離があまりに近すぎるのだ。
「ママ~なんか落ちてくる~」とは、チカちゃんの娘、メイメイの声だ。
たしかに、なんかパラパラと頭上に落ちてくる。
悪ガキ街道まっしぐらの息子のハヤ君もこのときばかりはやけに大人しい。

蝶やハートの形をした見事な花火が次々と夜空に浮かび上がり、なんとも美しい。
しかし、依然として花火との距離はものすごい近い。だってずっとパラパラとなんか落ちてくるもん。
頭上の花火を見るというより、花火の中にいる、という方が正確だろうか。
最後の連発では、それまでをはるかにうわまわる絶叫を発しつつ、なんとか無事花火鑑賞を終えた。
「最後は私たち攻撃されてるみたいやったな。戦争ってこわいね。花火でよかったね。」とは
チカちゃんの感想。まったくそのとおりだ。
でも、楽しかったので、来年も誘ってね。
[PR]

by morinotomosibi07 | 2009-08-23 21:31 | 家族みんなのこと  

実家便

実家の母から時々荷物が届く。お菓子だったり、服だったり、食器だったり。

それはご褒美のようで、いくつになってもうれしいものだ。

最近送ってきてくれたのが、この水筒。何十年前のだ?よく取ってたよなあ。

でもこのレトロさがなんともたまらない。
f0131120_14343499.jpg



この前海へ出かけたときに持っていったら重宝した。子供の頃はなんかやぼったくて

イヤだったような気がする。もうちっとシャープな感じのが売ってるだろ!だの

キャラクターもんが欲しい!だのと文句を言っていたような…。

今見ると、これがいい味だしてるねえ。底の部分のたたずまいもいいねえ。
f0131120_1435543.jpg


今月は運動会がふたつあるので、これが大活躍してくれるだろう。サンキュ!ママ。

それから少し前に、荷物に混じって、こんなのもが…。
f0131120_14352820.jpg


キューピーちゃんに、なぜかしらタグをつけて、そこに

「よろしく、おばあちゃんです。」って、書いてある。果たしてこの意味するところはなんなのか。

当の母に聞いても、「そんなん入ってたあ?」

まさかこのかわいいキューピーちゃんが自分だとでも言いたいのか?

「だからこれをみんなでかわいがってね」ってことなのか?

はたまた、「この荷物を送ったのは、誰あろうおばあちゃんですよ。

そこんとこよろしくね」ってことなのか、家族で随分議論したもんだ。

時々、理解に苦しむことをする母は、私たちから見れば心配な時もあり、

とくに近くに住む弟は随分振り回されているようだ。しかし、うちの子供たちからは

絶大な人気を得ている愉快なおばあちゃんだ。

次に何が送られてくるのか楽しみだ。



今PCに向かっていたら、遠くからかすかに音楽が聞こえてきた。

その音がだんだん近付いてきて…

(ん?あのメロディーは…♪てんてんてんまりてんてまり~♪)

「わ~今日は生ゴミの収集の日だ~」と、あわててゴミ袋提げて表へ飛び出すと…

目の前をロン毛のイケメン兄ちゃんが全速力で走って行く。(わーちょっと待って!)と

叫びたいのだが、声が出ない。そこへ収集車がゆっくり近付いてきたので、

「あの~これ~」と言うと、「後ろにほうりこんで!!」と運転席のおじさん。

「えっ私が?えっいいんですか?」 「そうそう、急いで!」

自分で放り込んでいいなんて。私はうれしくってたまらなくって、「じゃ、失礼して」と

大急ぎで車の後ろにまわって、おもいっきり袋を投げ入れた。袋は見事にその中に入り、ゆっくり

ローラーでつぶされて中に消えていった。 いやあ、気持ちよかったあ!

こんなことなら、いつもギリギリまでゴミ出さずにいようかな。イケメン兄ちゃんも見れるし、

自分で入れられるしなあ。ハイ、不謹慎な発言でごめんなさい。

  
[PR]

by morinotomosibi07 | 2009-05-21 14:47 | 家族みんなのこと  

金婚式だって

昨晩、実家の母から電話があった。妙に初々しいような、恥ずかしそうな声でこう言った。

「今日はなんの日でしょう?」

「あ~今日は伸ちゃん(マイ・ブラザーです)の誕生日やろ」

忘れもしない、9歳離れた弟が生まれた日。妹や近所の遊び友達とその誕生を待ちわびた日。

遊びのメンバーがまた一人増えることが嬉しくて、みんなで首をなが~くして待ったあの日。

もちろん、生まれてくるのは女の子だとだれもがそう思い込んでいた。しかも、私達はその子が

もうすぐにでも自分達といっしょに、そこらじゅうを駆け回って遊ぶものだと思い込んでいた。

「あそこへ連れて行こう。そうだ、あそこへも…」などと毎日相談したものだ。

それが生まれてみてビックリ。なんと男やし、それに…それに…なんて小さい…

いつになったらいっしょに遊べるのやら、とがっかりした。

でも弟はすくすくと大きくなり、ヨチヨチ歩きの頃には弟お気に入りの手押し車に乗っけて

友達に弟を自慢するように散歩に出かけた。幼稚園のスモッグのポケットには、

母の代わりに私がてんとう虫のアップリケをしてあげた。私が高校生の頃には弟とおそろいの

つなぎのジーンズを履いて、買い物に行くのが私の密かな楽しみだった。

「あら~若いおかあさんだこと」と人に言われたけど、私はそれを否定することなく、

むしろニコっと笑って、軽く会釈した。そのときの何ともいえない優越感に似た甘い気持ちを

私はその後何回味わっただろう。

ボーイフレンドとのデートの時にも、私は弟を自転車の後ろに乗っけて連れて行った。

最初は珍しがって、よく遊んでくれたボーイフレンドも、プールに行ったときに

水を怖がって泣き叫ぶ弟に困り果て、もう連れてくるな、と言った。

そんなこと言うなら、もうあんたなんかとデートしないし、と私は心の中で舌を出した。

中学でテニス部に入った弟の様子をこっそり覗きに行き、目を細めながらいつまでも眺めた。

弟の高校の入学式には、もちろん私が行った。私と同じ高校だったので、当時お世話になった

先生もまだいらして、「えっ?」と変な顔をされたけど、「弟です。私と違って、ものすご~く

真面目ですので、よろしく」といったような挨拶をしたような気がする。そして先生がものすご~く

ほっとした顔をしたような記憶がある。

弟が初めて実家にガールフレンドを連れて来た時には、私にはもう娘がいたのだけれど、

その娘を使って、思いっきりジャマをしてやった。何回かジャマをしてやったある日、彼女がむくれて

帰ってしまったことがあった。「そんな女はロクなもんじゃない」と小姑根性を丸出しにして

弟に説教した。今考えればヒドイことをしたもんだ。

そんなこんな弟もいまや二児の父親だ。ちょっと頑固で、泣き虫で、でも誰にでも優しい

マイ・ブラザーの昨日は40回めの誕生日だった。

話が長くなりましたが、そんな感慨にふけっていたところへ、昨夜の母からの電話だったわけで。

「今日はなんの日でしょう?」と母が聞くので、「伸ちゃんの誕生日やろ」と答えた。

すると「それはそうやけど、伸ちゃんのことじゃなくて、私のこと!私、私!ていうか、私ら!私ら!」

と母が妙にはしゃいだ声で言うのだ。「私ら!って、だれよ?」

「あんな~今日はなあ~私らのなあ~50回目の結婚記念日~!!」

「え~!今年とは聞いてたけど、今日が結婚記念日とは知らんかったしなあ。伸ちゃんの誕生日って

ことは毎年思い出すんやけど」

「チャミ(マイ・シスターです)は知ってたで~。さっき電話くれたで~。いやあ、私らもなあ、伸ちゃんが

生まれた時に奇遇やなあ、とは話したんや」

悪いんですけど、私はそんな話、この歳になるまで聞いたことがない。いや、ほんと。

両親の結婚記念日がいつだったかということをこの歳まで知らなかったというのも情けない話だと

は思うが。だって、過去に伸ちゃんの誕生日っていうんでお祝いしてたけど、そちらのお祝いって、したこと

ありましたっけ?普通、「今日は伸ちゃんの誕生日やけど、私達の結婚記念日でもあります!」

なんていって、「いやあ、それはめでたい日やなあ」とか言って、みんなでお祝いするやろう。

私にはそんな記憶まるでないんですけど。でも、妹が知ってるということは、私だけ?私だけが

何かしらの事情で、知らされてなかった?もしかして私の誕生日と関係が?

私が生まれたのは、両親が結婚した翌年の3月。4月に結婚式を挙げてるということは、

待てよ、え~っと、ん~っと……ま・さ・か…できちゃった婚?いや、計算合うか。

って、なんの計算だよ~

もしかして、出来ちゃった婚がばれるから、私には4月だといわなかったのか、とか思ったりしたけど

そんなんでもなさそうだ。まっそんなことどうでもいいや。とにかく、母はやたらテンションあがってて、

うれしそうなのだ。

日ごろは、父の悪口散々言ったり、「今は家庭内別居やわ」とか言ったりしてるくせにだぞ。

私もそうだけど、夫婦って、不思議だ。仲がいいんだか、悪いんだか。

今年はお祝いに新婚旅行に行ったところにもう一回旅行するんだそうだ。仲良きことはいいことだ。

ってことで、あらためて、パパ、ママ50周年おめでとう!!私達も負けずに頑張ります。
[PR]

by morinotomosibi07 | 2009-04-23 09:51 | 家族みんなのこと  

春の夜長

秋の夜長というけれど、春もなかなかに夜が長い。

仕事から戻り、ちゃっちゃっと料理し、わちゃわちゃと食し、なおかつぺちゃくちゃと

ダベリ、さあてとひとっ風呂あびれば、後はまたちゃっちゃと片せば、

まだ時刻は午後8時を半分ぐらい過ぎたあたり。

ここからは各自部屋に戻り、なにかしら好きなことを始める。

次女エリさんは、バイトでいないときもあれば、家にいるときは、四女レイと末っ子ミーコの

部屋におじゃましている様子。レイはこのところ、勉強に目覚めたのか、よく机に向かっている。

感心じゃないか。ミーコはそろそろ眠たくなってきて、明日の準備と洋服のコーディネイトまでを

してから、フトンに入るようだ。そこへ、エリが「今日一緒に寝て欲しい人~!」と言うと、

「は~い!!」とミーコが答えている。それはずるくないか。私だってミーコと寝たいけど、

ダンナから「いいかげんに子離れしなさい」と叱られるから、我慢してるっていうのに。

三女ユリ氏の部屋からは、ものすごい音量でロックが聞こえてくる。用事があって、

ノックしても、聞こえないらしい。なので、スーッとドアを開けると、そこには、

耳にヘッドフォンあてて、ギター抱えて、演奏中のユリ氏がいる。

またすーっとドアを閉め、私はリビングでパソコンなんぞ覗いていると、またもやユリ氏の

部屋から軽快な音楽が流れてくる。

そしてそれに合わせて、「コツコツコツコツ」という音が。

ダンナもやってきて、「あの音はなんだ?」と聞くけど、「さあ??」

以前からの謎だ。

もしこっそり覗いて、おとぎ話の鶴のようにハタオリでもしてたらどうするよ。

明日にでも「いままでお世話になりました」的なことを言われて、出て行かれてもねえ。

なもんで、あの音の正体は依然謎のままだ。

ダンナも自分の部屋で、JAZZなんぞ聞きながら、寝る寸前まで、仕事している。

時々、なんかよくわからない人の歌を熱唱する声も聞こえてきたりする。

私は、最近はダンナの部屋におじゃまして、ていうか、ダンナが自分のなが~い机の一角に

私のスペースを作ってくれたので、そこで、ひたすら読書に没頭している。

おもしろい本がたくさんあって、下手なドラマを見ているよりよっぽどおもしろい。

今読んでいるのは、井上尚登「厨房ガール」や柴田よしき「小袖日記」

そうやって毎日毎日、長い夜を思い思いに過ごしている。

変わり映えのない、なんてことない毎日だけど、なにかと騒がしい我が家にとって、

今が一番穏やかで安定した日々なのだろうか。

家族で見る、WBCの試合の観戦もまた楽し。私はなんといってもダルビッシュに釘づけ。

春の夜長もいいもんだ。
[PR]

by morinotomosibi07 | 2009-03-11 21:24 | 家族みんなのこと