カテゴリ:ダンナのこと( 13 )

 

敵と味方

今日の世間様は、戦いすんで、泣いたり笑ったりしているよう。

うちのお店も今日は、のんびりかと思いきや、

どっからともなく、珍客。ミツバチさま、ご一行。

最初は一匹、ニ匹。「あらあら。はい、出てねー」と

余裕こいてたら、次々とやってきた。いけませんよー。

しかも、ブンブンさわがしいよー。

かわいそうだけど、一匹、殺しちゃったら、あら大変。

お仲間がえらい怒って、向かってきた。

そんな怒らんでも。そっちが不法侵入やん。

新聞紙もって、「スキがあったら、かかってこい!!」

えーっ。私どうやらスキだらけ。

あんたらはいいわな。味方やら、仲間やらいっぱいおって。

私には、だれもおらんのやけん。卑怯やねえの?

「なんか、ひまそうだね」と」ダンナ。

あっ。おったわ。味方がひとり。

くやしいけど、世界中でだれかひとりだけ、味方につけていいって言われたら、

迷うことなく、アンタ選ぶわ。

だから、今日のところは、この状況なんとかして。


今朝はオンパクの講師の方と、色々と打ち合わせをしていたようです。

たぶん、自分達の好きなレコード聞いてただけだと思うけど。

でも、きっと、いいイベントになるだろうと思います。なんせ、心強い味方ですから。
[PR]

by morinotomosibi07 | 2007-04-23 15:03 | ダンナのこと  

痛いの痛いの飛んでけ~

階段踏み外して、つんのめって、落ちた。

むこうずね、したたかうった。

右手、軽く麻痺してる。

ストーブかたづけようと思って、ヒョイと持って、スタスタ。

といくはずだった。あと、もう少しだったのに。

そういえば、ヒョイと持った時から、なんかいやな予感がした。

やけに重い。両腕にしか神経いってない。

これ持って、階段降りるの?って、右後頭部のあたりで声がしたような気がした。

あたりまえでしょ。これくらい。

ものすごい音がしたらしい。「どした?どした?」みんな集まってきた。

「あら、あら、ストーブがこんなふうに‥」ってごまかした。

「落ちたのか?」だんなが、ポリ缶二つ持って、立ってた。

あの時、右後頭部から聞こえた声は、もしかして。

「これ重いのー。持って~」とか、絶対言えない。

ちょっと待って。もう一回考えてみる。うーん。

やっぱ言えない。

むこうずね痛いんだけど、右手もジンジンするんだけど、

右後頭部ガーンとなぐられたような、この痛みはなに?

がんばりやさんって思われたいばっかりに、

言えなかったけど、こんな思いはもういやだから、

これからは、言ってみようかな。

「ね~」とは言えないけど、

「あんた、こっち持ちよ」くらい。

「こいつも歳とったなあ」って、ちょっと同情してくれるかな。


日ごろ、がんばってる方。お休みの時は、力をぬいて、過ごしましょう。

片付けやなんか、おありでしょうが、どうぞ気を楽にして、

キャンドルをお供に、まったりしてください。

音楽も一緒にね。
f0131120_1137429.jpg

[PR]

by morinotomosibi07 | 2007-04-05 11:38 | ダンナのこと  

someday my prince will come

素敵な王子様が迎えにきて、いまは6人のママ。

それはそれは、幸せな日々。

のはずだった。しかし、

そう、あれは、二番目もかわいいかわいい女の子を産んで

夜中におっぱいをあげているときだった。

なにげにつけた、テレビに映っていた6人組。

SMAP。

知らなかった。

そのなかの、ご存知、キムタク。

この人だった。(この人って、まだ十代でしたけど)

私の王子様は。

じゃあ、横で寝ている人はだれ?

時は過ぎ、チェ・ジウと共演したドラマ(名前忘れた)

その時の竹之内豊。

それまでは、なんとも思わなかったが、この時思った。

この人か?王子様。

チェ・ジウはあなたには背が高すぎる。

じゃあ、いっしょにテレビみながら、この役者なかなかいいな、

と言ってる、あなたは誰?

また、また、時は過ぎ、

お姫様は、単なる太ったおばさまになりました。

食い意地も張り、なんでも口にする。

白雪姫は、だまされて毒リンゴを食べたのに、

このお姫様は、毒と知ってて、リンゴを食べました。

おなかがすいてたから。

そして、苦しみました。

その時、助けてくれたのは、キムタクでもなく、

竹之内でもなかった。

白雪姫が、ままははにいじめられている時に、

どうして王子様は、迎えに来ないの?といつも思ってた。

どうして、リンゴを食べるまえに迎えに来ないの?って。

だけど、ほんとの苦しみをあじわって、ほんとの幸せはくるんだなって、

最近、気づいた。

やっぱり、いま横にいるあなたが、私の王子様です。

若干、加齢臭しますけど。


ジャズのスタンダード「いつか王子さまが」

よろしければ、あさってのキャンドルナイトでおかけします。

他にも、時間が許す限り、リクエスト受け付けます。
[PR]

by morinotomosibi07 | 2007-03-19 22:20 | ダンナのこと