「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 05月 ( 23 )   > この月の画像一覧

 

蜃気楼

今朝下から仰ぎ見る山々は、いつものようにまぶしいばかりの新緑。

だけどその向こうには、真っ白な雲がまるで、一夜にしてそびえ立った

雪山のように連なって現れ、まるで、蜃気楼。

鶴見岳も頭にちょっとだけ、雲をのせて、富士山気取り。

天変地異か。自然のいたずらか。

いや、真夏の入道雲の一歩手前のモコモコした雲は

いよいよ夏が始まったってことか。

去年までは、そんな雲を見ると、四角いグランドで走り回ったり、

飛び跳ねたりする球児たちを思い浮かべては、ワクワクした。

今年も同じ夏がやってはくるけれど、息子にとっては、

ゴールへのカウントダウンが始まったってことなので、

私は思わず、目をつぶってしまう。

でもきっと、ゴールしたその瞬間から、次のスタートを切るであろう彼の大きな背中は

みるみる見えなくなってしまうのだろうと思うと

私はやっぱり目をつぶってしまう。

朝のねぼけまなこで少しむくんでふっくらした顔が、小さい頃の顔と

オーバーラップして、いつも「圭さん」と呼ぶのに、「圭くん」って

呼んだら、もたつく足で駆けよってきそうな気がした。これも蜃気楼?


暑い夏だから、気持ちのいい汗も涙もいっぱい流していいですよね。

かわいいバスケットにはサンドイッチがいいかな。

たくさんつめて、ぱーっとおでかけしましょうか。

うちのお店にもちょこっとだけ、置いております。

f0131120_10283162.jpg

行き先はどこにしましょうか?

f0131120_10302325.jpg

球の行く先は、俺に聞かんでくれ!!
[PR]

by morinotomosibi07 | 2007-05-31 10:31 | 長男ケイさんのこと  

イベントを終えて、Vol.2

で、イベントを終えて、ほっとしてはいるものの、あいかわらずの

忙しさで、何も変わらない日常ですが、なんかぬけがらチック。

かわいい助っ人もちょっと気分転換に、故郷に帰省することになり、

ますます、ぬけがらチック。

イベントで使って少し溶けたメロンキャンドルがあちこちにあって、

「このキャンドルかわいいですね」と言ってくださったお客様の言葉が

うれしくて、身をへらして灯りを燈してくれたキャンドルたちに、

「あなたのおかげね」と感謝。

ジャズのミュージシャンの奏でるあんなに素敵なメロディも

即興演奏ゆえに、身をすりへらしてあふれださせたメロディなんだと

思いしらされ、よけいに心に沁みる。

命の輝きはなにより尊く、最後の一瞬まで、家族や友人たちといっしょに

輝き続けたいと、ぬけがらチックな頭で、ぼんやり思った。

だから、一番の悲劇は、なんの罪もない人が殺されることや、

自分で命を絶つことだと、朝の新聞を見たときのくやしさが

やっぱりぬけがらチックな心に時々よみがえる。

そうやって自分の大事な人を失った人が、本当の悲劇を味わった人だから

ちっぽけな悩みで悲劇の主人公を演じるのはやめよう。

ちっぽけな悲しみで、命の輝きを曇らせるのはやめよう。

せいいっぱい輝いて、自分の命も他人の命も大切にしよう。

ちっぽけな悩みは、目と目を見つめあって、「あなたも持ってるのね」って

ウインクして、そっと隠しておこう。それでわかりあえるでしょ。

ちっぽけな悲しみは、演じてみたって、クサイ芝居のよう。

だから、おどけて笑って、喜劇を演じた方が、うけるよね。

どうか、だれも、悲劇の主人公に選ばれませんように。

だれもが、最後の一瞬まで、輝いて生きていられますように。

イベントの後片付けもおぼつかない、ぬけがらチックな頭で

家族やお客様や駆けつけて応援に来てくれた友人や、始まる直前に

メールで励ましてくれた友人のことを思い出し、そんなことを考えた。


f0131120_1512452.jpg

[PR]

by morinotomosibi07 | 2007-05-29 14:58 | もりとものこと  

キャンドルナイトを終えて

土曜日のキャンドルナイト、おかげさまで無事に終わりました。

3回目ともなると、ちっとはスムーズにおもてなしできると

思いきや、やはり、わが家はドタバタがつきものでして、

いろいろとハプニングがあり、皆様には、ご迷惑をおかけしました。

でも、自分で言うのもなんですが、キャンドルの灯りはほんとに

美しかった。ジャズのナンバーも素晴らしい演奏ばかりで、あらためてジャズは

いいやねと思いました。ジャズをよく聞かれるお客様からも、あまりジャズを

ご存知ないお客様からも、「とても良かったです」との感想をいただき、

この企画にして良かったと思いました。ただ、欲張ってたくさん

お招きしてしまって、少し窮屈にお思いだっただろうと思うと

申し訳なさでいっぱいです。反省して、次回からはもっとくつろいでいただける

よう、工夫したいと思います。

急遽、イスを貸してくださった、オンパクの事務局の皆様には、

この場を借りて、お礼申し上げます。

次回6月のキャンドルナイトの詳細がきまり次第、予約を受け付けますので、

もうしばらくお待ちください。


しかし、講師の得丸泰蔵氏のもてっぷりには、脱帽です。

だんなが、「オレも講師やりてえ~」とぬかしておりました。


f0131120_13502062.jpg

[PR]

by morinotomosibi07 | 2007-05-29 14:03 | もりとものこと  

期待はずれ

昨日は、お店もひまで、四女の弾丸トークも聞けないので、

ベランダでのんびり、カキ氷をシャリシャリしながら食べた。

その真下では、助っ人のサリーが洗濯物を取り込み中。

「なんかシャリシャリ聞こえますけど~」

このカキ氷、某大型ドラッグストアーのやつで一個39円ですが、

これが、なかなかGood。昔食べたふんわりサクサクのカキ氷とまでは

いかないけど、キメの細かさはまあまあで、シャリシャリしてます。

間違っても、氷が粒状態ではない。

夏がうれしいのは、このカキ氷と風鈴の音と蚊取り線香のにおいぐらいか。

今日はうってかわって、ここいらは、霧と雨にむせんでいます。

カキ氷どころじゃない肌寒さで、期待はずれ。


火曜日に来て下さったお客様。お探しのキャンドルが置いておりませんで、

申し訳ありませんでした。あのキャンドルは、取り扱いしておりません。

手作りもされたいとのこと。またご来店おまちしております。

それから、若干の余裕を持ってご来店くださった、いつもセーフなお客様。

お会いできず、残念。でもお店にいたものは、トーク期待していたようで、

残念がっておりました。


四女も今日は雨に降られての修学旅行。くれぐれも、絶叫系マシーンには

のりなさんな!って言っておいたけれど、雨でよかった。期待はずれも

たまにはいい。


明日のイベントは、ご期待にそえるよう、がんばります。

6月の夏至のキャンドルナイトも、ご期待くださいね。
[PR]

by morinotomosibi07 | 2007-05-25 11:24 | もりとものこと  

佐川のお兄さん、いつもお疲れ様!!

で、イベントのキャンドル届きました。

この季節にピッタリのさわやか、メロンキャンドルとでもいいましょうか。

シャーベットみたいで、おいしそう。おいしそうなものって、どうして

見てるだけで幸せな気持ちになるのでしょうか。(って、食べるもんじゃないけど)

イベントやパーティなどで、お使いになりませんか。きっと喜ばれると思います。

6個以上注文いただきますと、お安くさせていただきます。


f0131120_16252488.jpg

[PR]

by morinotomosibi07 | 2007-05-24 16:27 | もりとものこと  

続、チーちゃんとハーちゃん

息子ともうひとりイケメン男子を駅に送った帰り、目の前に

広がる山は、新緑も美しく、ただただでっかい。

絵が苦手で、美術の先生に「あなたね、山っていったって、

緑一色をベターって塗ったってだめなのよ。よくみてごらんなさい。

いろんな色が混じり合ってるんだから。黒だってあるのよ。」って、よく叱られた。

(うそや。山は、濃い緑や。だからこの絵の具や)

って、口とがらせて、先生にらみつけて、心の中で叫んでた。

ごめんね。先生。ほんとそうね。いろんな緑があるやん。

いまなら、うまく書けそうな気がする。


わが家のムードメーカー、超ネアカの四女が、今日から修学旅行。

いまごろは、バスのなかで、ワイワイ盛り上げ中か?

ココロのすみっこにちょこっと穴があいたようで、時々チクっと痛いのは、

やっぱり、寂しいせいか?

行く先々でいろんなことに夢中でも、帰ってきたら、「やっぱうちがいいよなあ」

って、きっと言うだろうから、離れててもココロはいっしょか?


昨日の夜は、大好きなチーちゃんからメール。

「三十路をすぎて、床にに伏せている女の子はもしかして、ハーちゃん?」

きっとそんなふうに思うだろうと思ってた。

「確かに、ハーちゃん、三十路すぎてるけど、ハーちゃんじゃないのよ。

ごめんね。シンパイさせちゃって」(ハーちゃんもごめん。三十路って言っちゃった)

ハーちゃんは、新しい仕事にきっとがんばってる。

チーちゃんも、新しいことにエライ張り切ってる。

いっしょにいても会話のかみあわない二人だけど、

ココロは、離れててもひとつなんだと思って、うれしかった。

そんな大好きな二人のこと、私も遠くから思ってるよ。

ひなま時、近況を聞かせてね。


今日はイベントに使う、若草色のキャンドルが届きます。たのしみ~

明日は、四女がおみやげに、カステラとびわゼリーともしかして

豚角煮まん買ってくるだろうな。たのしみ~
[PR]

by morinotomosibi07 | 2007-05-24 09:52 | もりとものこと  

さりげなく

知り合いの女の子がちょっと病気をしてて、床に伏せてから

二週間めにはいろうとしてる。

三十路は超えちゃってるけど、とてもいいお嫁さんになりそうな

気がして、おせっかいなおばさんは、早くいいパートナーを見つけてほしい

もんだと、ヤキモキしてたもんだから、シンパイ。

体だけじゃなく、心も疲れちゃったのかなと、思えなくもなく、

電話してみようか、どうしようか、心にひっかかる。

さりげなく、「あなたのことを思ってるよ」って、伝えるのって、むずかしい。

電話は、一方的に「出て!」って、相手の気持ちはお構いなしだし、

手紙は大げさだし、しいていうなら、あんまりスキじゃないけど、

こんな時、メールがいいか。でも、アドレス知らない。

今朝は、日焼け対策もしないまま、ちょこっと土いじりをしていたら、ケヤキの

こんもり茂った葉っぱの下が思いのほか、気持ち良くて、「ザラッ、ジメッ、

グシャッ、ヨレッ」としてた心が「ポキッ」と折れて、「スカッ、フワッ、ムフッ」とした。

ハトがバサバサしながら、やっぱり、ケヤキにやってきた。

「ねえ、気持ちいいやねえ」

ここに来たら、三十路をすぎちゃった女の子も元気でるかなあと思った。


土曜日のオンパクのイベントの講師の「得丸泰蔵」さんは、

あの世界的に有名なジャズ・ピアニストの「秋吉敏子」さんと

旧知の仲だとか。「タイムストリーム」という美しい曲がありますが、

これは、秋吉さんが得丸さんへプレゼントされたものです。

自分の思いを曲にして、プレゼントするなんて、最高の思いやり。

得丸さんは、いつも恥ずかしそうに、誇らしげにこの曲を聴いていらっしゃいます。

あなたは、幸せな方ですね。そして、秋吉さんは素敵な方ですね。

土曜日は、素敵な曲を聴きながら、だれかに想いを馳せてみるのも

いいですね。

f0131120_1414590.jpg

[PR]

by morinotomosibi07 | 2007-05-23 14:14 | 友達のこと  

オンパクということで

初夏をおもわせる、気持ちのいい日がつづいています。

あのジメジメした梅雨は、容赦なくやってくるのだろうけど、

アジサイは葉っぱをピカピカにさせて、雨を待ってるようなので

「適度に降ってください」と祈るばかり。

古代の人は自然の恐ろしさを知っていて、人間の力ではどうしようも

ないから、ただただ祈っていたんだろう。

現代の人間は、人間の力でなんとか住みやすくしようとしたはずが

逆になんもかんも壊してしまって、そりゃあ、怒るわな。

今さら祈ったって、遅いのか。

こどもたちに、自分が大きくなるのと同じように、木や葉っぱや花も

命があることを、その命を育んでくれるのが、山や海や川や田んぼや

まわりの全てのものなんだから、「毎日しっかり見つめて生きなさい」と

「部屋をかたづけなさい」とか「宿題しなさい」とかのお小言のなかに

ちりばめて伝えよう。


ということで、(どういうこと?)

別府のお祭り、オンパク、堪能されていますか?(そういうこと?)

山や海に囲まれたここ別府の街。陽気に誘われてブラブラするのもいいですね。

うちのお店も、明日より、オンパクに便乗して、少しだけ

SALEを行います。

ボーダーのミニトートバッグ、リネンのトートなどがお安くなっております。

2940円→2000円  1890円→1300円  1500円→1100円

また、キャンドルやリネンのコースターなどの詰め合わせがちょっぴり

お得な値段になっております。この機会にどうぞ!!

f0131120_9155728.jpg

[PR]

by morinotomosibi07 | 2007-05-23 09:29 | もりとものこと  

ね・む・い

早起きは慣れてるものの、今朝は起きるの辛かった。

昔、学校行きたくなくて、フトンにしがみついて、

母にぐるぐる巻きにされて、表に放り出された、のかどうか、

記憶はあいまいだけど、それくらいの勢いで、たたき起こされたことを

思い出し、なんかヤバイ感じがして、飛び起きた。

息子のお弁当のすきまがうまらなくて、四苦八苦。

車にとびのり、もうひとり、イケメン男子高校生をひらって、駅へ。

ガーン。なんと、しっかり輝く朝日に照らされたオレンジ色の海。

二度と見れねえぞ、くらいの勢いの海は、これでもかといわんばかり、

「わかったちゃ。」ちょっとベランダから眺めればよかったものを。

フトンにしがみついたって、夢のなかでまどろむだけ。

目覚めれば、にくたらしくも頼もしい人の寝息や

制服姿がやたらイケテル息子の大きな背中や

まだフトンのなかでうごめいている女の子たちの甘い匂いや

いつも堂々としている海や山や

いろんなものが、私に夢のつづきを見せてくれる。

今日lはまた、どんなへんてこりんな一日になるのやら。


奥では、へんてこりんなおじさま二人が、いよいよ今週末に迫った

オンパクの打ち合わせ中。

キャンセルをお知らせしましたが、あらたに予約が入りましたので、

定員になりました。ありがとうございました。
[PR]

by morinotomosibi07 | 2007-05-21 15:00 | もりとものこと  

心の張り

今日は、天気もよく、おだやか。朝、例のごとく、試合の息子を学校に

送った。この仕事ももうすぐ終わり。

今日の結果はどうだっただろうとドキドキしながら、帰りを待つのも

真っ黒なユニフォームを洗うのも、もうすぐ終わり。

迎えに行った車のなかで、ふーっと溜息をついて

天井をみつめ、「おかん、聞いてくれ」

と、私に言いたいわけではないけれど、「今日はな、あのな‥」

と自分につぶやくように、気持ちを吐き出すのを聞くことも、

もうすぐ終わり。

私の心の張りでもあった、息子の愛した野球。

楽しかったのか、苦しかったのか、答えを聞くのは怖いから、

それはもっと後で聞こう。

私の大好きなCAFEも今ちょっとだけ休業中。少し早い夏休みだとか。

仕事が大変でも、なんとかスキを作って、お茶飲みに行こうと思うことで

ちょっとがんばれた。それもしばらくおあずけ。で、張りがないや。

今日は、少し、センチになってたら、久しぶりに来て下さったお客様や

「初めて来たのに、自分のおうちにいるみたいでした」と言ってくださった

お客さまに、心がドキンとした。

こうやって、いいことが必ず待ってるから、心に張りを持って、がんばろうと

思った。


一日の終わりに、いい時間をお過ごし下さい。心に張りが持てるよう。

今日はどのキャンドルにしましょうか。

f0131120_19213860.jpg

[PR]

by morinotomosibi07 | 2007-05-20 19:23 | もりとものこと