<   2007年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 

決断のとき

朝から張り切って外まわりをそうじしたら、頭がガンガンしてきて

また寝たり起きたり。その間、家中が黄色いペンキで塗られる夢を見た。

なんか足音が近付いてきて、うそっ!犯人か?目を開けようとしたけど

口が半開きになってパクパクしてる。いい香りもしてきた。

なんか覚えがある香りだぞ。夢か現実かワケがわからなくなってたら、

次女エリさんが「Sさん来てるよ」

「この香りはやっぱりそうか」 でもしばらく起き上がれないでいると

案の定、だんなといつものように、ベランダでタバコ吸いながら、

歓談してるみたいだ。だんなは息子のようにかわいがってるけど、私だって、

息子だったらいいなっていつも思ってるんだから。ご飯どうしてるとか、

結婚はまだかとか、気になってることあるんだから。

いいんだ、いいんだ、どうせ私の入るスキはないんだ。と思って

また、寝たり起きたりしていると、末っ子ミーコから電話。

「迎えに来て」「いやあ、ちょっと具合悪くてさあ‥」と言って説明してたら

電話がきれたもんだから、仕方ない、迎えに行くか。

と、二階にあがって、「あら、Sさん。こんにちわ」

あいかわらずのイケメンぶりにちょっと元気出てきた。

ミーコとお友達二人も乗せて帰ってきたら、さっそく3人で水着に

着替えて、水遊びを始めた。それを見たSさんは、「シャッターチャンス!」

と言って、外へ飛び出し、「オレにかけるなよー」と大騒ぎ。

時々ズキーンと頭の芯が痛いけど、完璧な夏にこれ以上めげるわけにも

いかず、大声で「こらー」って言ってみた。

夜ほんとの息子を迎えに行く途中、ピンクのジャージを着て

走ってる素敵なおばさまを見かけ、感動した。

日も沈んだはずなのに、扇山の山肌の若葉の黄緑色がまだ鮮やかに

照らされているようにくっきりと見えて、また感動した。

人の力を借りずに、自分自身で輝くってことは、相当な努力が

いるんだと思ったら、今日私は何をしたんだろうと、むなしくなった。

せめて、夕飯はしっかりつくろうと、三女のリクエストに答え、

「焼きおにぎりのあんかけ」にした。

おにぎりのなかに、鶏のそぼろをいれて、焼き色をつけ、

なめことねぎのはいったあんをかける。あと塩サケや大根のサラダや厚焼き卵や

なすの即席漬け。みんな「おいしい~」って言ってくれて、ちょっと充実感。

Sさんにも食べてもらいたかったと思った。

だんなと二人してならんでいるのを見ていたら、ふとだんなの若い頃を

思い出し、あのスタート地点からわたしたち今どのあたりを走っているんだろうかって

考えた。昔は終わりのないゴールに思えたけれど、今は先のないゴール地点に

ひたすら近付いているのかなって思えて、もういっそ立ち止まろうかと

重い足をひきずっているように思える。

でも、立ち止まるわけにもいかないので、じゃあ、もう一回、終わりのない

ゴールに向かって、スタート切ろうかな、ってベランダでタバコ吸ってるだんなを

見て思った。その時がもうすぐそこにやってきている気がする。


夏はキャンドルもお休みかな。Sさんは、favのお香を買っていかれました。
[PR]

by morinotomosibi07 | 2007-06-29 23:26 | ダンナのこと  

早くも夏バテVol.1

連日暑い日が続きますね。そろそろ水不足という声が聞こえてきて

ちょっと心配ですね。冷たい飲み物はビール以外苦手で、

麦茶をちびちび飲んでたら、体も水不足。

ここは高台なので、エアコンがなくても、夏はけっこう過ごせるけれど、

なんか夏の勢いに息切れががして、寝たり起きたりしていると、

平衡感覚がおかしくなって、冴えない一日の始まり。やっぱ歳か。

昨日までは、「よーし。ビリーズ・ブートキャンプやるかな」と思ってたのに。

と思っていたら、ひとちゃんが遊びにきてくれて、大阪の話で盛り上がった。

もともとかわいいかったけど、とってもキュートになってて、

真っ白な手や足がまぶしかった。一回り小さくなった気がしたけど、

いろんな意味で締まったのかな。ちょっとめげそうになってたオバサンは

チョット元気をもらいました。

こんな時は、野菜だなと思って、いつもは洋風の料理をチャチャッと

作るけど、今日はかぼちゃを炊くことにした。

なんともいえない甘くて優しい匂いが漂ってきて、ほっとした。

料理好きの四女が「これかわいい」とカラーピーマンを切ってくれてるので、

なんかつくろうっと。そろそろ、だんなが「飯は?」って聞くぞ。

にっこり笑って、「もうちょっと待ってね」って、言うとするか。
[PR]

by morinotomosibi07 | 2007-06-28 19:33 | 自分のこと  

女はつらいよ

先週は久しぶりに、私が師と仰ぐ方がお見えくださって、

ほんとに久しぶりにランチに行った。

ずっと専業主婦だった私が、もう何年前?8年前くらいかな。

初めてパートに出た時に、そこでバリバリ働くキャリアウーマンの方。

その仕事ぶりと人柄にめちゃくちゃ惹かれ、その方もいたく私を

かわいがってくださって、以来お付き合いさせていただいている。

仕事がつらい時、つらいって言わなくても、「あのね、ここでのことは

あの大通り出たら忘れて、すーっと家に帰るのよ」って、さりげなく

言ってくれた。「あなた、おもしろいわ。それでいいわ。」って大きな声で

笑ってくれて、(あっ、笑う所、いっしょだ)って、同じ価値観に安心した。

仕事でミスッたら、「ちょっと待ったー。おねえさん、しっかりしてね」

と、さりげなく仕事の厳しさを教えてくれた。

ちょっとづつ、外の世界が見えてきて、働くことの喜びや女性の大変さも

味わうことができて、私にとって踏み出せなかった一歩が、ほんとに

大きな一歩として踏み出せたのは、この方のおかげだった。

もうひとり、師と仰ぐ方は、中学の時の英語の先生。

子どもさんがいらっしゃらなかったせいか、やっぱり私をいたくかわいがって

下さって、おうちにも呼んでくださってケーキを焼いてくれたり

私の家にも用事もないのに、よく見えて、母が「また、なんかやらかしたのか」

とハラハラしてた。いつも、ひざ上のピタっとしたスカート履いていて、

英語の発音がばっちりで、その口元をウットリ眺めた。

ワルの男子にも、けっしてひるまなかった。

私がボーっとしてると「どうした?恋でもした?」って、聞いてくれて、

「ちがう。フラレタ‥ 」って、廊下で泣いた。

その先生がやっぱり8年位前に「私、燃え尽きちゃって、教師やめたのよ」って、

お電話くれた。だから、私が先生をとても尊敬していたこと、いつも先生の

ようになりたいと思ってがんばってきたことを手紙に書いて送ったら、

「あなたの手紙で元気がでました。ボランティアで英語の講師をはじめました。

ケーキも焼いて持って行きました」って返事が来た。

女性が、特に家庭を持った女性が働くということは、とても大変なことで、

大きな犠牲や代償を払わなければならないけれど、

自立した女性の姿は美しく、輝いていると、わが師を思い起こしながら、

二人のように、優しくて、おおらかで、知性のある女性に

私も少しづつ近付きたいと思うのです。

今日も今日とて、私の顔を見れば「飯は?」って聞くだんなに、

「それしか言えないのか」と悲しくなるけれど、

わが師なら黙ってめちゃくちゃウマイご飯つくるんだろうなと思って、

このようなことを考えた次第です。


小春さんも素敵なキャリアウーマンです。そのかたわら、とっても素敵な

作品を作られています。私へのプレゼントに私の好きな色合いでポーチを

作ってくれました。

f0131120_14362122.jpg

[PR]

by morinotomosibi07 | 2007-06-26 14:43 | 自分のこと  

空色キャンドル

今日は、気温は高いものの、ここいらは風がふきぬけ、

とっても涼しいんです。

西側のケヤキは、葉っぱがギュウギュウにしげり、日差しを

さえぎってくれて、気持ちいい空間を作ってくれてる。

なもんだから、そこに、野バトが巣を作り、せっせと子育て中。

こっそりみると、夫婦でかわるがわるエサをあげていて、

おとうさん、やるじゃないかと思った。

それはいいんだけど、私の車のボンネットは見事に糞だらけ。

それもやたらデカイ。半端ねえ。いまはやりの「どんだけ~」

でも、ハトの家族の幸せには代えられない。

自分の幸せの後ろには、なにかを我慢している人がいたり、

自分の喜びが、ある人にとっては、悲しみであったり、

その逆だったりすることが世の中にはいっぱいある。

時々ハッとしたり、頭をガーンとされたり、足元すくわれそうに

なったりするけど、うれしい時も悲しい時も、わかちあえる人が

まわりにいることに感謝して、生きていこう。

そういう私の気持ち、ハトさんたち、ウ○コしながら、

気付いてくれてますか?


快適な生活の反対に、地球温暖化。

夏至の日に限らず、日常的にキャンドルナイトしてみませんか。

「空色キャンドル」 この時期にピッタリの涼しげなキャンドルです。

f0131120_13201541.jpg

[PR]

by morinotomosibi07 | 2007-06-25 13:22 | もりとものこと  

歌にあふれたキャンドルナイト

昨夜のキャンドルナイトおかげさまで大盛況でした。

毎度のことながら、バタバタしたり、ちょっと不手際がありましたが

お見えくださった方々の笑顔に救われました。

江藤一弘さんの奏でるギターと心に沁みる歌声、

サポートしてくださったパーカッションのヒロシさん。

素晴らしいライブになりました。

70年代を中心とした名曲はどれもなつかしく、素晴らしく、

スピリチャルにハートフルに見事に歌い上げてくれました。

「大阪で生まれた女」は、関西出身の私にとっては、

涙があふれましたが、同じく関西出身のA子ちゃん、ふと見ると、

号泣でした。それを見て、いっそう切なくなり、同じ想いを共有できる

喜びに心が震え、やっぱりいつものクセで抱き締めたくなりました。

(実際には、終わったあとで、「わかるよな、わかるよな」とA子ちゃんの

腕をバンバンたたいてしまった)

東京編を歌ってくれましたが、ほんとは十何番かまであるそうです。

ものすごいいいストーリーになってるので、ぜひ聞いてみてください。

その歌詞のなかに、「愛することは全てを包み込むこと。太陽のように」

とありました。これをブルージーなメロディーで歌われてごらんなさい。

たまりません。いろんな人のことが頭に浮かび、いっしょに聞きたかったと

思いました。でも、きっと心はつながってると思って、この次はいつ会えるかな

と目を閉じました。人生は悲喜こもごも。みんなそうだから、いっしょに

歩いていこうと、つながって生きていこうと、信じようと、この方は時にやさしく

時に力強く、歌ってくださってるんだと思いました。だから、ほんとに

心に沁みいりました。

ものすごいシンガーがここ別府にいたんだとただただ驚くばかりです。

あちこちでライブ活動されてるので、ぜひぜひ心に沁みる歌声を

聞いてみてください。ここでもご紹介します。

f0131120_131368.jpg

f0131120_1313561.jpg

f0131120_13153378.jpg

[PR]

by morinotomosibi07 | 2007-06-24 13:16 | もりとものこと  

GOD BLESS THE CHILD

雨、雨、雨。気にしないと思っても、やっぱ梅雨なんだ。

朝、なんとか岳の頂上付近に遠慮がちに見えた水色の空。

薄いあじさいのような色だった。すーっと心が晴れていくのがわかった。

暗闇でもいつかすーっと光が見えてくるよって言った、ちーちゃんの

こと思い出した。

三女、ここんとこ元気。大きな夢に向かって、歩き出した。

そう、歩き出すことが大事だと、結果ばかり期待するおろかな私は

同じ過ちを繰り返さないように、その一歩一歩を支えていければ

いいなと思っている。

GOD BLESS THE CHILD

神は、自分で稼ぐ子どもを祝福する。ビリー・ホリディがこの歌を

自分の生い立ちと重ねて歌っているのを聞いたとき、

そんな親がどこにいるの?と思ったけど、

野球を始めれば、この子は大リーガーで年収?億。

かわいい、かわいいと言われれば、この子はアイドルになって

親を楽させてくれる。カリスマ美容師になって、めちゃくちゃ稼ぐ。

って、ここにいたわ、そんな親。

毎日のありふれた生活のなかで、笑ったり、泣いたり、怒ったり、

間違ったり、傷付けたり、許したり、そして愛したりしながら、

歩いていくその一歩、一歩がほんとに大切なんだと

まだ全然途中だけど、子ども6人育ててみて気付いた。

結果を気にせず、自分を信じて、大きな何かに向かっていく

その勇気をいっしょに祝福しよう。

未来のある子どもだから、祝福しよう。すべての子どもたちを祝福しよう。

ビリーの切ない声は、絶望と悲しみだけでなく、怒りと勇気ある彼女の

叫び声に聞こえて、決して真似して歌えないけど、時々歌詞をつぶやいてみる。

GOD  BLESS THE  CHILD
[PR]

by morinotomosibi07 | 2007-06-20 09:50 | 三女ユリのこと  

地球温暖化

長崎から帰ってから、どうも体の具合が良くない。

うーん。これは妊娠か?(ほんとそういう冗談はやめて)(とだんなが言っている)

うーん。じゃあ、あれです。クーラー病。間違いない。

だってね、長崎では行くとこ、行くとこ、エアコンガンガン!

ほんとやめてほしい。

ホテルだって、キーを差し込んだら、エアコンのスイッチが勝手に

入って、しかも22℃にだれが設定したの?22℃って、殺す気?

かすかに音楽が流れてるんだけど?って思ったら有線放送誰がつけてって

言った?ポットもシュカシュカ湧き出した。トイレ誰か入ってるの?

電気と換気扇ついてますけど。いろんなところの灯りいっせいについたけど

そんないらんやろ。

なのに、なのに、テレビはつかないんだ。まして、有料とやらの番組は

やっぱカードがないと写らないんだ。なにが親切でなにが余計なのか、

ワケわからんわ。

自分の部屋はなんとか調節できるけど、会議場とか、レストランとかは、

容赦ない。絶対22℃に設定してあるんだ。寒いのなんのって。

お風呂であったまろうと思って、やけに細長いバスタブに寝そべっても

ズルっていきそうで、力はいるばっかり。ちっとも癒されんし、結局

お湯抜いて、シャンプーしたあと、もう一回お湯ためるわけ?

みなさん、どうしますか?っていろんな人に聞いてみたい。

ちっちゃくてもいい。普通のお風呂に入りたい。って、ホテルとまるたびに

思いませんか?本気で温泉行こうと思った、長崎の夜。


そういうわけで、地球温暖化。(話し、そこに飛ぶか)

各国首脳はほんとに真剣に考えたのでしょうか。

わたしたちも、身近なところから考えましょう。

とりあえず、夏至の日に全国一斉にキャンドルナイトが実施されます。

おうちでも、夜8時から10時の間、電気を消して、キャンドルの灯りで

スローな夜を過ごしてみませんか。

f0131120_14115795.jpg

[PR]

by morinotomosibi07 | 2007-06-19 14:12 | 世の中のこと  

長崎の夜

先週は臨時休業でご迷惑をおかけしました。

じつは、別の仕事で、長崎へ行っておりました。

50代の男性と若い女の子二人と、二泊三日の旅。

昼間はなかなかの充実感。さて、夜。

えらい早い時間に自由行動。若い二人は、感心です。

「明日に備えて、準備があるので、部屋で過ごします」と、

それぞれの部屋に直行。50代の人は、どこへ行ったのかどうでもいいし。

部屋でひとりポツーン。さあ、困ったよ。

「雰囲気のいい店に行って一人で酒飲め」って、ある人から言われたけど

無理無理。だってナンパされたらどうする?「そりゃあない」ともある人から

言われた。

慢性的な寝不足の身には、ふかふかのベッドがたまらなくて、

たおれこむやいなや、そのまま朝を迎えるだろうと容易に想像できて、

それだけはやめといた。

で、仕事した。で、思った。女は40超えたら、仕事だね。

紀香さん、きれいだけど、若干きつい。

彼女の生き方がもうちょっと前に出ると、もっと魅力的なんだけど。

だから、女は40超えたら、内面で勝負だな。

次に男は?って考えた。男は、50からが男だな。

それまでは精一杯仕事して、人間としての基本はちゃんと身につけて、

50超えてから、魅力的な男として登場してくれ。

20代、30代でいい男ぶって、ピークを迎えようとしてませんか?

お願いだから、照準を50代にあわせて、男磨いてください。

うちのだんなはまだ仕事が忙しく、男として登場するのはもっと先か?

最近は私も仕事が忙しく、まるで男どうし。

息子も含めて、若い男性が50歳でどんな男として、登場するのかが

もっかの楽しみ。って、そのころ私死んでる。


23日のキャンドルナイトで歌ってくださる方は、いい男です。

どうぞお楽しみに。
[PR]

by morinotomosibi07 | 2007-06-18 09:53 | 自分のこと  

震源地は「もりとも」

地震もほぼ収まったもよう。よかった、よかった。

なのにうちの避難用の荷物は増えているもよう。

野球好きな末っ子ミーコがグラブとボールを入れている。

三女はギターをケースからだし、部屋に戻して、よなよなギターの

練習に励んでいるもよう。

長男は、遠征から戻り、ひどくお疲れのもよう。

次女エリさんは、大親友が外国に旅立ち、いたく傷心のもよう。

四女は、5日が誕生日だったが、なぜかお祝いをするのをすっかり

忘れ、「まっ地震とかあったし」と言ったものの、地震は6日だったし。

「まっ子どもが多いと忘れるよな」と言ったものの、末っ子ミーコの

時は、しっかりお祝いしたし。かなり傷ついてると思い、ひたすら謝ったら、

「いいって、いいって」とやっぱり超ネアカ。

その後地震やなんやらで、今日に至る。

ケーキを焼くのが好きな四女なので、「自分で焼く?」と聞いたら

「それはさすがに寂しいなあ」と言うので、仕方ない、私が焼きましょう。

学校から帰った末っ子ミーコがオーブンをのぞいて、

「なんかあふれてますけど」 ふーん。やっぱり。

三女がいたら、「あんたそれでも親か?」と鋭いつっこみをいれられただろう。

誕生日になるとなぜか、だんなとケンカする。今回は、ずれこんだにもかかわらず

もっか冷戦中。「今晩は、わきあいあいといきましょう」と四女。

あなたの明るさに何度たすけられたことか。すんませんなあ。

わが家の揺れは、まだつづきそうです。


23日のキャンドルナイト、予約いただいておりますが、まだ空きが

ありますので、お待ちしております。

それから、15日と16日は、勝手ながら、臨時休業とさせていただきます。
[PR]

by morinotomosibi07 | 2007-06-11 19:29 | もりとものこと  

ころころポーチまたまた登場

昨日は、小春さんが人気の「ころころポーチ」届けてくれました。

まだ時々揺れるなか、だんなもでかけ、一人で店番だったので、

納品に来てくれた時は、ほっとしました。

花柄のや、シックな色合いのや天使の飾りのついたのやら、

超かわいい。いっしょに来てたお友達が「私これかな。やっぱこれかな」

とパックンパックンさせて中を見て言うので、

「まだ買わんでな」と必死で止めました。

ですので早いもん勝ちです。(すでに一つ売れちゃいました)

その後も学生さんのカップルの方や、「potさん、すごかったですぅ」と

元気をとりもどしたセーフなお客様も見事なタイミングでご来店くださって

ほんと心強かったです。まだ油断はできませんが、楽しい時間を過ごすことが

できました。皆様、本当にありがとうございました。


f0131120_1420198.jpg

[PR]

by morinotomosibi07 | 2007-06-09 21:52 | もりとものこと