<   2008年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

ふたつめです

ふたつめはというと‥

今いっしょに生活している子どもたちもいずれみんな巣立っていく。

いわば、いつも秒読み段階。だから、ありきたりだけど、

今の子どもたちとの時間を大事にしよう。

朝起きてから夜眠るまで、交わした言葉、笑いあった出来事、

言い争った事、悩んだ事、にぎやかな食事‥

繰り返されていくうちに、どんどん時間は過ぎていくから、

二度と訪れない時間だから、大事にしよう。

そんなふうに考えたら、ケイさんの旅立ちに心から拍手を

贈ってあげられた。

そうは言っても、三女ユリ氏が、「ここらへんにぽっかり穴があいて

スースーするんやけど‥」と胸をさすっていたり、無理して明るく振舞う

次女エリさんや「ケイ君元気かなあ」と心配するネアカな四女レイや

「寂しいのかどうかわからんし」とどこまでもかわいい末っ子みーこを

見ると、やっぱりそれぞれこらえようとするものがあるんだと思って、

いっしょに乗り越えていける家族がいてよかったあって、思った。

「とうとう男はオレひとりかよ」と毎晩のように言うダンナは、

このごろひとまわり小さく見える気がして、ちょっと心配だけど、

「まだまだがんばろうね」と気合を入れなおしているところです。

泣かずにすむみっつめの方法は、またこの次に‥
[PR]

by morinotomosibi07 | 2008-03-19 14:08 | 長男ケイさんのこと  

ひとつめは‥

泣かないですむ方法といっても、よくよく考えると、

思い出にふけっている暇も体力も想像力もないのだけれど。

でも一応ケイさんが旅立つ直前に、荷物を整理してるときやなんかに

思い出してみた。小さい頃やつい最近の出来事を。

その中にケイさんをギューッと押し込めるように。

そしたら、今目の前のケイさんが見えなくなった。

エッ?終わり?

違うよな。これからよな。ちょっと遠くに行くけど、これからも続くよな。

うまく言えないけど、そうやって必死でやっぱりケイさんを見つめて

いこうと思った。今のケイさんが今は一番好きかなって思った。

最後の何日かで、いっしょに料理を作った。餃子やらハンバーグやら。

やけに上手で驚いた。これからもいろんなケイさんに会えると思うと

寂しいっていうより、楽しみが増えたかなって、若干強がりもあるけど

そう思うことにした。これが泣かずにすむひとつめの方法。ふたつめは‥


                                  つ・づ・く
[PR]

by morinotomosibi07 | 2008-03-18 12:20 | 長男ケイさんのこと  

グッド・ラック

昨日夜行列車で長男ケイさんは、東京へと旅立った。

高校へ行く時のように、別府駅で降ろして、「じゃ、行ってらっしゃい」

って、軽く手を振って。「今日は何時に帰る?」って聞かなかったことと

ちょっとおしゃれしてたことぐらいの違いの別れ。

この瞬間をいつからか、胸のなかでチクタクチクタクとカウントダウンの

ように数えてた。

センチメンタルなことが大嫌いなケイさんに笑われないように、

涙を見せずに見送る方法をいろいろ考えた。ほんとにいろいろ考えた。

卒業式のときは、ちょっと泣いてしまったけど‥だれかの本のタイトルみたいに

号泣する準備はできてるけど‥その方法のおかげで、いまも泣かずにすんでる。

その方法とは‥みっつあって‥


                    (ちょっと時間がなくなったので‥つ・づ・く)
                        
[PR]

by morinotomosibi07 | 2008-03-08 13:06 | 長男ケイさんのこと