<   2009年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

き・も・の

毎週の図書館通いも恒例になり、目についた本は手当たり次第借りてくる。

ふと目にとまった本、「平成着物図鑑」 「ふだん着物の楽しみ方」 「豆千代の着物モダン」

改めて、着物の素晴らしさに目を奪われた。いやほんと素晴らしい。

着物や帯のそれぞれの美しさもさることながら、その組み合わせのおもしろさや奥深さは

言葉ではいいあらわせない。新しいツボ発見!て感じだ。

また、帯揚げ、帯締め、帯留め、半襟、足袋、草履、バッグなどの小物の愛らしさといったら、

眺めているだけで、もう心がドキドキする。

洋服を見て、ここまでドキドキしたことなど今まであっただろうか。

少しまえから、着物っていいなあとは思っていた。

成人式に振袖を着たのと、妹と弟の結婚式に留袖を着たのと、祖父のお葬式に喪服を着たのと

子供の入学式に色無地を着たのと、数えるほどしか、着物を着たことがないけれど、

歳を重ねるごとになんとなく着物のことが気になりだしたのだ。

少し前に母に頼んで、着られそうな着物を実家から送ってもらった。

銘仙や色無地やポリエステルのや木綿や縮緬の羽織やらが送られてきたのだけれど、

どれもこれも裄がや丈が短くて、私には着られそうになかったのだけれど、

ピンクの色無地だけは、私の娘時代に母がこしらえてくれたものだったらしく、

サイズがピッタリだった。

「え~ピンク?」と思っていたけれど、帯によっては粋に着られそうだと、本を見ながら思った。

すると、何が何でも着物が着たくなって、体がウズウズ。

なんでも、リサイクルショップやインターネットで安く手に入るらしいので、似合いそうな帯を

探してみようと思う。母の帯を譲ってもらうことも考えようと思う。

私の記憶では、母も祖母も昔は普通に着物を着ていた。その上に真っ白な割烹着をはおって。

母などは、妊娠中に着物を着ていた記憶がある。なるほど、着物だと、お腹周りの調節が

楽にできるから、妊婦にはもってこいだ。

この歳になると、かしこまった時やちょっとおしゃれしたい時に、変に安っぽい服を着るよりは

着物を着たりなんかすると、なんてかっこいいんだろうと思う。ふだんにもさりげなく着物を着られたら

どんなに素敵で粋なおばさんだろう。それで小唄か三味線なんぞ嗜んだりしたら、完璧だ。

と、着物ライフの妄想はどんどんふくらみ、近頃は本を眺めては、ドキドキする日々を

送っている。

群ようこさんの「着物が欲しい!」という本もおもしろかった。

ただ、群さんの着物へののめりこみとつぎ込んだお金のことを考えると、着物の世界の

怖い一面を見た気がして、素人の貧乏人が簡単に入れる世界ではないのかと、ちょっと

気がひけたけれど。

でも、洋服がなかった時代には、普通に着てたんだから、怖れることはないし、

なにより、着物の持つ独特の文化に触れるのは、刺激的で、魅力的で、創造的だ。

とりあえず、自分で着物が着れるように、練習して、いつかサラっと着物をはおって

テレテレと街を歩いてみたい。

「またひとつしたいことが増えたんですか?」とダンナに言われそうだ。
[PR]

by morinotomosibi07 | 2009-03-31 21:17 | 自分のこと  

目指すはターシャの庭か

去るは三月。だったっけ?慌しく過ぎ去りし日々を振り返ると、

別れがたくさんあって、いやあ、泣いた泣いた。一日中涙が止まらない日もあって、

気付いた。泣くのって、疲れる。ていうか、体力いる。

赤ちゃんが泣くのって、相当なエネルギーなんだろうな。泣いた後、コテっと

寝るもんなあ。そういえば私もやたら眠たかったなあ。春眠ていうには

まだ寒いし、するとあれは泣き疲れか。

赤ちゃんならかわいいけど、私が泣きつかれて寝ていても、ハタからみれば

(おうおう、またふて寝かよ)ぐらいにしか見えないのだろう。いいけどね。


次女エリさんと三女ユリ氏が無事旅行先から帰ってきた。たくさんのお土産と

お土産話を持って。

その間、我が家は4人家族だったわけで、ダンナがやたら寂しがっていた。

「とうとううちも4人か…」と何回つぶやいたことか。

「それって普通ですけど。むしろまだ子供がいるってことは幸せってことなんじゃないの?」

と私が言うと、「でも、なんか寂しいんだよな」

かつては、8人で暮らしていた我が家も一人減り、二人減りして、あと何年かすれば

ほんとに二人だけになってしまう。私はそれはそれで、ほっとして、今まで出来なかったことを

あれやこれやしてみよう、と思えるのだけど、ダンナは違うようだ。

一見、多趣味のような彼は、実は超仕事人間で、休みの日も片時も机を離れない。

ふと手を休めた時に、子供たちがリビングでワイワイキャーキャーやっているのを

眺めるのが、いい気分転換になるらしい。それでもって、「ねえ、ねえ、お父さん…」

なあんて娘に言われた日にゃあ、どこまでもテンションあがって舞い上がり、

オヤジギャグぶちかましいの、下ネタいいまくりいので、見ていて、ちょっと引く。イタイ。

それでも最近は、娘にばっかかまってもらえないと認識するにいたったのか、

なにか打ち込めるものはないのかと模索中。

木工やカメラもなかなかの腕前だと私は思うんだけど、彼曰く、それは息抜きではなく、

仕事のようなのだと。必要に迫られて、棚を作ったり、子供の写真をとりまくったり。

そんな用向きがなくなると、自分がほんとに好きでやっていたんじゃないということに

気づいたらしい。

で、模索中の彼は、この頃、ガーデニングに精を出し始めた。これももともと、

必要に迫られて始めたものだけど、私がやりっぱなしにしがちな植物を彼がかわいがり

始めたことがきっかけのようだ。プランターでショボンとなっていたハーブを

地面に植え替えたりして、見事に蘇らせた。

今では、狭いスペースながら、いろんなハーブがぎっしり茂った自慢の

お父さんのハーブコーナーだ。これに気をよくしたダンナは、もうちょっと手を広げて

家の裏側にもハーブコーナーや野菜まで植え始めた。

何事も計画だてて、最後まで責任を持って事に挑む彼は

「オレちゃんとやれるかな…」とまたもや仕事モードに入ってはいるけど、

ガーデニングに関しては、私の方がちょっと先輩なので、

「大丈夫、大丈夫」と言うと、「そうだな」と嬉しそうだ。

私もこの頃は、少し気持ちの切り替えがうまくなってきたので、

いっしょにガーデニングに精を出すことにしよう。

土いじりはやっぱり超楽しい~
[PR]

by morinotomosibi07 | 2009-03-30 14:12 | ダンナのこと  

MY BIRTHDAY

昨日は私めの?才の誕生日だった。

ありがとうございます。(これを読んでくださって「おめでとう!」って思ってくださった方へ)

その前の日、昼休みに家に戻って、キッチンで洗い物をしていたら、

自室で仕事をしていたダンナが、何を思ったかドタバタとやってきた。

「おっおっおい!!おまえ今日誕生日やったな!!」

何事かと思えば。しかも、誕生日は次の日やろが。(オレ忘れてないぞ)的な

してやったりの顔やけど、残念やったな。

「一日間違ってますけど…」と言うと「あれっ?」と言いながら、自室に戻っていった。

へっ?で?それだけ?と思ったけど、別に祝ってもらいたい歳でもない。

どちらかというと誕生日なんて今後は来なくていいくらいだ。

でも、昨日は私が仕事がOFFだったので、久々二人でドライブに行って、ランチしてきたのだ。

山焼きがあるとは知らず、いい感じで山道を走っていたら、結構真近でメラメラと炎が

上がっていたので、ビックリ。カメラ小僧ならずカメラオジサマたちが、シャッターチャンスを

狙うべく、たくさん居並んでいた。(危ないなあ…)なんて思っていたら、山の反対側の方では

事故があったとの報道があって、またまたビックリ。


旅行中のエリさんからは「プレゼントお楽しみに~」というメールが入ったり、

長女リサからは、やたら「コラーゲン入り」という文字が強調された化粧品やら飲み物が

送られてきた。夜は、四女レイの手作りのケーキを食べながらみんなでお祝いしてくれた。

やっぱり、誕生日っていいもんだな。
[PR]

by morinotomosibi07 | 2009-03-18 14:48 | 自分のこと  

勝ち負け

先日、四女レイのブラス部の演奏会に出かけた。

市内の3校の合同演奏会だ。

いやあ、どの中学校の演奏も素晴らしかった。特に、JAZZの曲を中学生ながら

見事にスイングして演奏するのには、正直驚いた。

練習の甲斐あり、というか、毎日放課後の練習と、毎週土日にはお弁当持って遅くまで

練習してるんだもんなあ。好きだからこそとは言うけどねえ、みんなよくやる。感心感心。

毎年、県のコンクールというのがあって、金賞を取ると、県大会に出場できるらしい。

そして当然全国大会がある。これがブラス部にとってのいわば「甲子園」か。

この日も、「今年こそは金賞取れるようにがんばります!!」なんて、司会の

女の子が言っていたし、レイも今から張り切っている。


やっぱり、ここも(勝ち負け)の世界か。そりゃそうか。上手い、下手ってあるしな。

わたしゃあ、ただただ感動して、演奏聞かせてもらってるけど、その裏には

演奏者の並々ならぬ努力と、先生の厳しい指導があるわけで。

我が子もその中で、いろんな事にぶつかりながら、必死で自分を支えながら、

少しでも上手くなるように、日々練習しているわけで。

これがスポーツなら、「がんばれ~」なあんて、大声で応援するんだけど、

演奏中にそんな事いえないから、親御さんはきっと心の中で、(上手くいきますように!)

とか、(失敗しませんように!)とか(うちの子ソロしっかり吹けるかな?)

って、ガチガチになって聞いてたりするかな?

なんて、ちょっと上から目線で会場内を眺めてみた。

私は、完全にお客さん状態で演奏に聞き入っている自分に、(これでいいんだ)って

思った。

それがケイさんの野球から私が親として学んだことだったから。

厳しい勝ち負けの世界で生きていくってことは、勝ちたいって思うってことは、

簡単に言えば、自分次第。自分の努力次第。その結果として、勝ったり、負けたりがある。

最初から、この子には何かしらの才能がきっとあって、それだから、必ずここで何かしらの

結果が出るはず、と淡い期待を抱きながら、ケイさんを見つめていた私は、

来る日も来る日も、その期待を見事に裏切られ、何回ケイさんを叱ったことか。

「あんたのその性格がダメなんよ。なんでもっとちゃんとやらないの?えっ?」

ケイさんがくら~い目をして、涙をポロポロ流しながら、私を見つめてたなあ。

何をちゃんとやらないといけないかは、本人だけが知ってるはずで、

本人がそれに真面目に向き合う気がなければ、何を言っても届かない。

届かない言葉ばかりをぶつけ続けたんだな、私は。

そして、それは私自身のための言葉だった。私のためにがんばれ。

「ケイくん、すごいですね」って、私が言ってもらいたいから、がんばれ。

そんな言葉だった。私の夢のために、なんでケイさんが努力しないといけないのかって

そんな話だ。なんて恥ずかしい親だったろう。


だから、今は子供たちがどんな厳しい勝負の世界に身をおこうとも、

後ろからそっと見守ることにした。もう恥ずかしいことは考えない。

できれば、勝ち負けなんてない世界が一番いいに決まってるけど、

人生一度か二度か何度かわからないけど、厳しい世界に身を置かねばならない。

そして、そこで夢や目標に向かって努力して、その結果が、

たくさんの人を感動させたり、喜ばせたりするものであってほしい。

それがいわゆる「勝ち」というものではないだろうか。

夢に向かって歩いていく子供たちをそんな気持ちで応援していこう。

努力して、努力して。結果はずっと後でもいい。
[PR]

by morinotomosibi07 | 2009-03-17 09:56 | 四女レイのこと  

春の夜長

秋の夜長というけれど、春もなかなかに夜が長い。

仕事から戻り、ちゃっちゃっと料理し、わちゃわちゃと食し、なおかつぺちゃくちゃと

ダベリ、さあてとひとっ風呂あびれば、後はまたちゃっちゃと片せば、

まだ時刻は午後8時を半分ぐらい過ぎたあたり。

ここからは各自部屋に戻り、なにかしら好きなことを始める。

次女エリさんは、バイトでいないときもあれば、家にいるときは、四女レイと末っ子ミーコの

部屋におじゃましている様子。レイはこのところ、勉強に目覚めたのか、よく机に向かっている。

感心じゃないか。ミーコはそろそろ眠たくなってきて、明日の準備と洋服のコーディネイトまでを

してから、フトンに入るようだ。そこへ、エリが「今日一緒に寝て欲しい人~!」と言うと、

「は~い!!」とミーコが答えている。それはずるくないか。私だってミーコと寝たいけど、

ダンナから「いいかげんに子離れしなさい」と叱られるから、我慢してるっていうのに。

三女ユリ氏の部屋からは、ものすごい音量でロックが聞こえてくる。用事があって、

ノックしても、聞こえないらしい。なので、スーッとドアを開けると、そこには、

耳にヘッドフォンあてて、ギター抱えて、演奏中のユリ氏がいる。

またすーっとドアを閉め、私はリビングでパソコンなんぞ覗いていると、またもやユリ氏の

部屋から軽快な音楽が流れてくる。

そしてそれに合わせて、「コツコツコツコツ」という音が。

ダンナもやってきて、「あの音はなんだ?」と聞くけど、「さあ??」

以前からの謎だ。

もしこっそり覗いて、おとぎ話の鶴のようにハタオリでもしてたらどうするよ。

明日にでも「いままでお世話になりました」的なことを言われて、出て行かれてもねえ。

なもんで、あの音の正体は依然謎のままだ。

ダンナも自分の部屋で、JAZZなんぞ聞きながら、寝る寸前まで、仕事している。

時々、なんかよくわからない人の歌を熱唱する声も聞こえてきたりする。

私は、最近はダンナの部屋におじゃまして、ていうか、ダンナが自分のなが~い机の一角に

私のスペースを作ってくれたので、そこで、ひたすら読書に没頭している。

おもしろい本がたくさんあって、下手なドラマを見ているよりよっぽどおもしろい。

今読んでいるのは、井上尚登「厨房ガール」や柴田よしき「小袖日記」

そうやって毎日毎日、長い夜を思い思いに過ごしている。

変わり映えのない、なんてことない毎日だけど、なにかと騒がしい我が家にとって、

今が一番穏やかで安定した日々なのだろうか。

家族で見る、WBCの試合の観戦もまた楽し。私はなんといってもダルビッシュに釘づけ。

春の夜長もいいもんだ。
[PR]

by morinotomosibi07 | 2009-03-11 21:24 | 家族みんなのこと  

今日も快眠?

私の病は、いわゆる更年期障害とか、不定愁訴とか、自律神経失調症とか

やたら、漢字の多いそういった類の病気らしい。

めまいや頭痛もさることながら、睡眠障害ちゅうのが、けっこうキツイんだな。

朝が早い仕事なもんで、夜はなるべく早く床につくようにしている。

疲れまくりの時は、5分もあれば眠れる。そのかわり、途中とんでもない時間に目が覚めて

(ウソ~まだ日付変わったばっかやん。でももう仕事行けます!ぐらいの目覚めなんですけど)

みたいな日もあれば、

寝る前にダンナとちょっとばかし、小難しい話をしようもんなら、妙に頭が冴えてしまって

興奮して眠れやしない。

(ウソ~出勤まであと2時間しかないやん。もうこのまま起きてろ!ってか?)

みたいな日もある。

なもんで、今軽い睡眠導入剤を飲んでいる。薬不審症の私に

Kドクターが丁寧に説明してくれたのだが、むち打ち症の人が首や肩が痛い時にも飲む薬で、

緊張をほぐす作用があるので、

気持ちよく眠りにつくことができるらしい。

確かに。確かに、飲んでから30分もすると、どんなに興奮状態でも、スーッと

気持ちが楽になってくる。頭が柔らかくなってくる。

しかし、今度はリラックスしすぎるせいか、普段押さえ込んでるものが一気に夢になって現れる

という症状がでてきた。

例えば、普段(クソ~あの野郎め~)とか思ってる人と、思いっきりケンカしている夢だとか。

ものすごい面白いものがい~っぱいあるお店が延々と続いていて、お店の人も

摩訶不思議な人ばっかりの、とっても楽しい夢だとか。

夢を見るってことは、あんまり眠れてないのか?って思ったりもするけど、

この夢のおかげで、なんだか、心はスッキリする。

夢のなかで、お互い普段思ってることを言いたいだけ言い合って、その結果

(ああ、そういうことだったのね)と、あのくそ野郎とわかりあえたり。(下品でごめんなさい)

おもしろいお店の人はよくよく見ると、皆外人で、変なタバコを吸っていたり、

腰をクネクネさせて踊っていたり、やたらお茶を飲んでいたり。

(ここはもしかしてモロッコかトルコかあのあたりのバザールか?)

タダで旅行したってわけだ。

そんなわけで、この薬の効果は、違った意味でちょっとばかし心配にはなるものの、

眠れずに悶々とするよりはいいだろう。

もうしばらく続けてみようと思う。
[PR]

by morinotomosibi07 | 2009-03-06 20:21 | 自分のこと  

プロになるには

ここのところ、昔読んだ(頭と体が別人)みたいな物語の本じゃないけど、

頭と心がどうにもバラバラなような気がする。

巷には、菜の花が咲き乱れ、梅の花もかぐわしい。家の近所の無人野菜コーナーにも

菜の花と梅の木のセットが何気に売られていたりして、(おっ)。

車止めて買ってみようと思えど、(今度にすっかな)と通りすぎる。次の日もまた補充してあって

(おっ)。(いやまた今度ってことで)とまた通り過ぎる。なんか、余裕なさすぎな自分がイヤだ。

どうやら、私は今初めて、頭の中が仕事モードになっているようだ。仕事人間ってわけでも

ないし、かといって、いわゆる家事を完璧にこなすってわけでもない。

どっちつかずのまま、家族の協力や団結の力を借りて、なんとかバランスを保ちながら、

両方こなしてきたのだけれど。

今、生意気にも私は、プロフェッショナルという言葉に強く惹かれ始めている。

今の仕事について、もうすぐ6年め。失敗も多々あるけど、少し自信もついてきた。

辛いことも多いけど、何より楽しい。ていうか、喜びが大きい。

極めるってことのもんでもないけど、もっともっと努力して、腕をみがいて、

たくさんの人に喜んでもらいたい。

「さすがプロだね」なあんて言葉をいつか聞いてみたい。

まだまだ長い修行が必要だけど、諦めないでやってみようかな。

なもんで、なんか余裕なくて、家族に迷惑かけてるような気がするわけで、

明日こそは、お花を買って帰って、ふんわりしてみようかなと思う。

て、書いてる言葉もなんだか現実味がなくて、自分の言葉じゃないような気がして、

実はとっても気持ちが悪いのだ。


早くなんとかしなきゃな。
[PR]

by morinotomosibi07 | 2009-03-04 21:50 | 自分のこと