近頃のわけえもんは…

次女エリさんや三女ユリ氏は来る日も来る日もバイトに励んでいるが

四女レイと末っ子ミーコは、それぞれコンクールも無事終わり、

友だちとワイワイと夏を満喫しているようだ。

昨日なんぞは、レイは友だちを大勢呼んで、昼間っから、ウチで焼肉パーティーを

しておった。女子中学生が、焼肉って。かわいげがないというか、てめえらオヤジか!

あまりのうるささに、ダンナとミーコと外に出かけたが、戻ってみると、

ペットボトルはゴロゴロ転がってるわ、焼肉のにおいはプンプンするわ、

おまけに彼女らは満足気にお腹をつきだして座ってるわで、

やっぱ、オヤジかあ!!これで、爪楊枝くわえてたら、完璧やろ。

まあ、たまにはヨシとしよう。だって、レイは部活がんばってるし。

先のコンクールでは見事金賞!すばらしい演奏だった。

そして、火曜日は三年生の引退を記念したサマーコンサートが中央公民館で開かれた。

全部で16曲。笑いあり、涙ありのとってもいいコンサートだった。

「崖のうえのポニョ」の演奏は、ボーカル付き。

「今日は朝中の大橋のぞみさんをお呼びしていまあす。ではどうぞ!」の

司会者の声に、「ハ~イ!」と満面の笑みで客席脇の扉から元気いっぱいに

飛び出してきたのは……レイだ…   

確かこのシチュエーション、以前にもあったな。

そして、舞台中央でうれしそうにフルコーラス歌いきった。やるわな。

(私やりました!!)みたいなものすごい自己満足的な笑みを浮かべてるけど、

今日の主役は三年生やろ。アンタわかってる?

(まっね、花を添えたってところですか。) そう言いたいんやろ。

そのクソ度胸ほめちゃるわ。

今日も今日とて「明日は友だち呼んで宿題するけん!」とか言ってたけど、

今階下から、ワーワーキャーキャーとか、絶え間ない笑い声とか、ドスっとかバチっとか

ものすごい音が聞こえてくるんですけど。なんでやねん、どないやねん。

後半も部活動で忙しいみたいなので、大目にみてやろう。

22日は、マリンフェスタとやらで、西大分で演奏する機会があるらしいので、

お暇な方は、この元気いっぱいな女子中学生、見に行ってやってください。

ちっとはパワーもらえそうです。
[PR]

# by morinotomosibi07 | 2009-08-13 14:19 | 四女レイのこと  

いわゆるDIY?

リンパマッサージがやたら気持ちよかったもんだから、毎日でも行きたいところだけど、

そうもいかないので、このごろはできる範囲で自分でやってみることにした。

仕事から歩いて汗だくで帰るので、まずはさっとひとっ風呂あびる。

夕食後ストレッチするまでの時間、今までは「いやあ、夕めしはうまかったなあ~」と

お腹をさすりながら「どれ本でも読むか」とマイチェアーにどかっと座っていたのだが、

どうにも肩が凝る。しかも、早くも睡魔が襲ってくる。

そこで、「そうだ、このときだ」と思いたって、リンパをマッサージすることに。むかうのは

本日二回目の風呂場だ。

半身浴しながらまずは首から肩、腋へリンパを流す。

次は腕、足、お腹、そけい部という具合だ。

職場の若い同僚からもらったマンゴーのボディソープをたっぷり塗って。

これが素晴らしくいい香りなのだ。30分くらいかけて、マッサージ~

これもなんだかんだ言っても、いい汗かきますわ。わっせわっせと大変ですわ。

上がってから、洗面所のばかでかい鏡でチェ~ック。

聞くところによると、リンパの流れが悪くなると、肩が盛り上がり、今までより首が短くなるらしい。

鎖骨の窪みもなくなるらしい。

私もまったくそのとおりだ。太ったせいかと思っていたけど、そうか、そうなのか。

昔は長くて細い首がちょっと自慢だった。鎖骨も美しく窪んでいて、その窪みに水張って

メダカくらいは飼えそうだった。逆に筋張った首が恥ずかしいと思うときさえあったのに。

今ではメダカ飼うどころか、北斗の拳のケンシロウの首くらいたくましくなっとりますわ。

よしよし、目標は、鎖骨の窪みと、首を長くすっきりとさせることだな。

メダカは無理でも、シラスくらいは置けるようにせんとな。

と、思いながら、ここんとこがんばっとります。

見た目はすぐには効果はでないけど、お風呂から上がると、体が軽くなっているのが

よくわかる。そしてそのあとしばらくして、ストレッチをすると、体が柔らかくて楽だ。

これ、いいかもしれない。

マンゴーのソープがなくなったら、今度は末っ子ミーコがイチゴの香りのソープを

くれることになっている。なので、がんばらなくちゃ。
[PR]

# by morinotomosibi07 | 2009-08-11 11:26 | 自分のこと  

地球に優しく

本日2回目の投稿なり。

テクテクと職場まで徒歩で通勤するようになって、もう何日かな。

職場の若い人から最初の頃は

「車どうかしたんですか?」なんて聞かれたりしたけれど、

最近は「わー今日も歩きですか?」と感心される。そう、これがやたらと感心される。

若い女の子からは、「わーほんとに歩いてきてるんですかあ?すご~い!」

なんて、黄色い声援があがる。

シルバーセンターのおじさまは、いつも「おっ!がんばりよんなあ。エライ!」と

声をかけてくれる。おじさま方は暑い中、草刈りや庭木の剪定など、黙々と奮闘されてて

そんな方から「エライ!」なんて言われると、恐縮するけど、めっちゃうれしい。

子供たちは「ダイエットやろ。無理と思うけどなあ」とか

「なんで歩くの?」と聞かれたから、「それはね、エコよ、エコ!車は使わないの!

地球に優しいでしょ」と言うと、「ほー!地球に優しく、自分に厳しく!」と素晴らしい標語

みたいな答えが返ってきた。

昨日スーパーで会った友達から、「あなたの家の前通ったら車があったから、

家寄ったんやけど、おらんかったん?」と聞かれた。

「いやあ、最近歩いて通勤しよんけん。地球に優しく、自分に厳しくよ!」

と言ったら、「えらいや~ん!」  「でも…」と言って、私のおなかを軽くつまんで

「もうちょっと自分に厳しくせんと~」と言われた。まっ確かにね。まだまだ甘いわな。

でもうれしいことが…。

朝方、たまらぬ暑さに布団を蹴飛ばして、むき出しの足をダンナの方に投げ出したら

その足をどかそうとしたダンナが「あれっ?なんか足が引き締まってきたか?」

と言った。

あまりのうれしさに何回も「ほんとに?ほんとに?」と聞いた。

うちのダンナはお世辞は言わないので、たぶんちっとばかしは効果が出始めたのかも。

こうしてみんなに褒めてもらえるので、当分は地球に優しく出来そうだ。
[PR]

# by morinotomosibi07 | 2009-08-06 20:44 | 自分のこと  

体のお手入れ

うそかほんとか梅雨は明けたらしいけど、相変わらずジメジメですね。

そんななか、先週末は仕事で海へ二泊三日のキャンプに行ってきた。

泊まったのはビーチハウス。冷房、テレビ、布団完備ときてるから、

本来のキャンプとは言い難いけど、総勢60名あまりの食事づくりはそりゃ大変だった。

急こしらえの野外キッチンで、料理スッタフ四人で三日間せっせせっせとご飯つくった。

目の前は見渡す限りの大海原。吹き寄せる風も意外とひんやりしていて、

思ったより快適、快適。手が空けば、子供たちと釣りをしたり、宝探しゲームをしたり、

すいか割りをしたりと、まさに夏休み~

最初の不安もどこかに吹っ飛んで、意外や意外、楽しいわっ

ある子供が「なんかキャンプみたいやなあ~」と言ったら、

「キャンプやろが!!」と何人もの子供たちや大人から一斉につっこまれていた。

それくらい、日常を離れての生活は楽しいものだ。

ふと、(人間って、こうして火と水と食料があれば、生きていけるやん)と思った。

車もパソコンもなあんもいらんし!(まっ現実に戻るとそうもいかないけどね)


しかし、やはり、疲れた…帰ってきた日は、ささっと家の用事を済ませると

もう立ち上がる気力もなく、早々に寝てしまった。

そして、昨日まで疲れがとれず、(こんな時はアレだ!)と

リンパマッサージに行ってきた。溜まりに溜まったリンパ液が行き場を失って

コリコリに固まっているらしい。背中、肩、首と、先生の手でゆっくりとほぐされていく。

ボコボコしたリンパの塊が動くのが自分でもよくわかる。まさにイタ気持ちいい。

最近は毎日ストレッチと筋トレ、それに徒歩で通勤しているので、リンパの流れも

前よりは良くなっている、と思っていたが、長年の運動不足と、加齢による肉体の衰えは

並や大抵では取り戻せない。ダイエットというよりは、リンパの流れを良くし、

無駄なものを排して、引き締まった健康な体と疲れにくい体を少しずつ取り戻していこう。

先生はマッサージしながら、いろんなお話をしてくれる。

「歩くときは腕をグルグルまわすといいのよ。リンパの流れがよくなるから。」とか、

「お風呂に入って体を洗っているときに、泡のついたまま、首、鎖骨、耳の裏、

腋の下、足の付け根なんかをよーくさすってあげてね」とか。

特に腋の下が大事らしい。触ってみて、ここがタプタプしていたら、流れが悪くなっているらしい。

どおりで、わたしゃあ、タプタプだわ。

ここを先生はよおくマッサージしてくれるのだが、これが私には、そうイタ気持ちいい。

リンパが溜まってない人はくすぐったくてたまらないらしい。この前一緒に行った職場の

若い人は、「くすぐったいですぅ」って言ってたもの。

「歳を取ると、何をしてもなかなか体重は落ちないのよね。それはリンパのせいなのよ。

リンパっていうのは大事よ。変なダイエットをするよりは体をよーくさすってあげること。

自分でしたり、たまにこういうところでマッサージしてもらうのもいいのよ。とにかく

リンパの流れをよくしてあげること!」 らしいです。

なるほど、私も若い頃に比べると思ったほど体重落ちねえ~

ちょっと怪しいけど、暇なときは体をさすって、流れをよくしてあげなくっちゃ。

歳を取ると、いろいろ大変だ。
[PR]

# by morinotomosibi07 | 2009-08-06 16:07 | 自分のこと  

マイケルよ、ふたたび

皆既日食って、そんなに大騒ぎするものかあ?なんて、平静を装ってたのも昨日まで。

今日になってみると、「おっ始まったぞ~!!」っていう声につられ、気がつけば、

仕事もほっぽり出して、職場の子供たちと、ワイワイ言いながら、観察。

どこまでもミーハーなおばさんだこと。

水溜りに写った太陽をサングラスや下敷きを通して眺めた。

想像以上に美しかった。

「もう次の時には見れんのやから、しっかり見らんと!」と言う子供に

「うっせえ!次も見れるわい」

でも、ちょうどいい感じのところで、雲に覆われてしまい、結局もっとも隠れたところは見れずじまい。

若い同僚と「ダイヤモンドリングに一番近いところにきたら、願い事唱えような!」と言って、

楽しみにしてたのに…なんてこった。

「なんかさあ、この先の人生を暗示されてるみたいで悲しくないかい?」と言うと

いつも沈着冷静な彼女が少し暗い顔をして、「そうですね…」と元気がなくなった。

二人してブツブツ言いながら、仕事にとりかかった。

「でもさ、他力本願では願いは叶わないってことよ。わたしたちまだまだ努力が足りないんよ。

努力!努力!そして、来年はイケメンの彼氏つかまえような!」

というと、これまたいつも冷静な彼女の顔がパッと明るくなり、

「ですよね~私努力します!」

私はイケメンもいいけど、とりあえず肉体改造にますます励む決意を

お日様に誓った次第である。

その肉体改造だが、いつものメニューに加え、昨日からストレッチと筋トレの後の

クールダウンに、ダンスを取りいれた。

といっても、マイケルのPVを見ながら、マネをして踊っているだけだが。

三女ユリ氏が意外にもダンスがうまいことを発見。マイケルには程遠いが

それなりにサマにはなってる。昨晩は12時近くまで二人で踊り明かした。

途中ダンナも加わったりなんかして、異様な盛り上がりを見せた。

いずれは「今夜はビートイット」のダンスシーンをユリ氏と私と二人で再現するつもりだ。


参考までに、マイケルが初めてムーンウォークを披露したと言われる

「モータウンレコード」の25周年アニバーサリーでの「ビリージーン」を歌うシーン。

ものすごい歓声のなかで、緊張しながらも素晴らしいダンスを披露するマイケルの姿には

胸を打たれる。少しほっそりした鼻と大人っぽくなった彼の姿は、この後キングへと

上り詰めていく姿の原型のようで、いじらしく思え、私は彼のお母さんのような気持ちで

「マイケルぼうや、ここまでよくがんばったね」と言って、抱きしめたくなるのだ。

「スリラー」や「バッド」は知っていたが、そんな彼の姿は知らないでいたにも関わらずだ。

「デンジャラス」という曲のダンスはもはや神業的だ。ひとつひとつのセクシーな動きが

すっかり大人になったマイケルの魅力を余すことなく示している。

さまざまなスキャンダルに隠れがちだった彼の後半人生だが

これらを見ると彼の偉業はあまりにも鮮明だ。まさに「キング・オブ・ポップ」の名にふさわしい。

そして、彼を失ってみて初めてその存在の大きさと喪失感の深さに気付かされる。

ぜひとも一度ご覧あれ。

さっ今夜もマイケルに会おう。
[PR]

# by morinotomosibi07 | 2009-07-22 21:40 | 世の中のこと